今年は会社作ります① 40歳失業者から起業への道

合同 会社 起業

これまで2,000社を超える会社の設立のお手伝いをいたしております。過去、47都道府県すべてのお客さまにご利用いただいております。

会社の設立日は登記を申請した日になりますが、当社では申請をお客さまのご希望の日に行うサービスを行っておりますので、大安や記念日などお好きな日を設立日にすることが可能です。

登記が法律上行えない行政書士事務所の会社設立サービスは、法務局への登記申請は本人が行わなければならなかったり、提携先に依頼するため別料金や日数がかかったりします。同一フロアに行政書士と弁護士の事務所がある当社なら、登記申請まで余計な費用をかけずに一気に終わり、お客さまはらくらく!

返送も含めてお客さまの送料負担は一切ありません! 当社からの郵送物だけでなく、お客さまからの返送物も送料はすべて当社負担。当社の宛名入りの返信用レターパックを同封していますので、お客さまはポストに入れるだけ!

Source: http://hoken-kyokasho.com/goudougaisha-toha



動画を見ます 合同 会社 起業

合同会社★自力設立の落とし穴【栃木県宇都宮市:行政書士さいとう事務所】

詳細について 合同 会社 起業

会社を起業しようとする時には、必ず会社のタイプを選ばなければなりません。起業家を志している方は、これからご自身が起こす会社を、世の中で圧倒的に多い「株式会社」にしようか、最近増えている「合同会社」というタイプにしようか悩んでいて、特に「合同会社」について、「株式会社」と比べてどんなメリット・デメリットがあるのか、よく分からなくなっているのではないでしょうか。

実は、合同会社は、設立費用とランニングコストが安くて済む上、株式会社のメリットをできるだけ活かしつつデメリットをカバーしたタイプで、とりわけベンチャー企業には向いています。しかし、まだまだ合同会社がどんなタイプの会社でどういったメリット・デメリットがあるのかは、世の中に広く知られていないように思います。

そこで、この記事では、合同会社とは何なのか、しくみとメリット・デメリットを大づかみすることができるように、分かりやすく説明していきます。特に、最もメジャーなタイプである「株式会社」との比較を重視して説明しますので、株式会社のメリット・デメリットもばっちり理解できるようになっています。今後、起業を考えている方は、是非、参考にしていただきたいと思います。

はじめに|「合同会社」を選ぶ会社は増えてきている

あなたが起業を志して新しい会社を立ち上げようというとき、必ず3つの悩みを抱えることになります。

ただ、「2.お金をできるだけ多く集めたい」という欲求と「3.自分の発言力を最大限確保したい」という欲求は、しばしばジレンマを引き起こすことになります。

どういうことか説明しましょう。かりに、あなたがベンチャー企業を立ち上げようとしてあちこち企画書等を持って奔走した結果、多額の出資をしてくれる人が見つかったとしましょう。そして、その人が「キミに全部任せるから好きにやってくれ」と言ってくれたとします。あなたの目には、ばら色の未来が浮かんでいるかも知れません。

しかし、ちょっと考えてみてください。その「キミに全部任せるから好きにやってくれ」の言葉に全幅の信頼を置けるでしょうか。

カネを出すなら口も出したくなるというのが人情です�

Source: http://e-kaisya.org/

Leave a Replay

Submit Message