会社設立のベストなタイミングとは??【赤池鎮】

合同 会社 設立 流れ

【会社設立をご検討の方へ】株式会社と合同会社の比較②〜合同会社のメリット・デメリット〜:司法書士丹下事務所

詳細について 合同 会社 設立 流れ



投稿 2015/02/18 編集 2015/02/19 合同会社(LLC)を設立するための流れを簡単に教えてください ツイート 合同会社設立の流れは、6段階あり「設立項目の決定」「定款の作成」「登記書類の作成」「設立登記」「開業の届出」「設立完了」の順で流れが進んでいきます。 設立項目の決定 項目は次の通りです。「商号(会社名)」「事業目的」「本店所在地」「資本金の額」「社員構成の決定」「事業年度」「会社印鑑の作成」「印鑑証明書の取得」「設立費用」 定款の作成 雛形などがあります。また電子定款を使用すると収入印紙代4万円が不要になります。 登記書類の作成 作成しなければならない書類は次の通りです。「設立登記申請書」「払込証明書」「印鑑届出書」「代表社員就任承諾書」「本店所在地及び資本金決定書」 設立登記 必要な書類を持参し法務局で登記を行います。 開業の届出 開業の届出に必要な書類は次の通りです。「法人設立届出書」「青色申告の承認申請書」「給与支払事務所等の開設届出書」「源泉所得税の脳筋の特例の承認に関する申請書」「労働保険 保険関係成立書」「雇用保険 適用事業所設置届」「雇用保険 被保険者資格取得届」「健康保険・厚生年金保険新規適用届」「健康保険・厚生年金被保険者資格取得届」「健康保険被扶養者(異動)届」 設立完了 会社の設立が完了したら経営者は一般的に「資金調達」や「社内のマネジメント」「社外のパイプ作り」「運営資金の管理」「事業計画などの策定」などを行います。 このように株式会社の設立よりもはるかに簡単に作成できます。それでも、手順を踏むことが難しい場合は専門家へ依頼をすることをお勧めします。また、税理士に依頼すると、合同会社の設立と共に、その後の会計サポートも行ってくれるので、分からない事を確認するパートナーとしては最適です。

合同会社とは

日本における会社形態で、LLCと称することもあります。

合同会社は非常に簡単に設立することができ、個人経営の会社に適している形態といえます。特徴は3つあり「有限責任性」「内部自治原則」「共同事業性」が挙げられます。まず「有限責任性」について、文字通り責任が限られているということです。例えば、負債が500万円残ったとしても出資金が100万円なら事業上の負担は100万円のみということになります。

次に「内部自治原則」について、独自の約款を作成することにより組織構成や損益分配を柔軟に決めることができます。最後に「共同事業性」につて、出資者全員が事業に参加をしなければならないため各構成員の強みを活かした事業展開をすることができます。ただし、約款の内容によっては出資のみの構成員を置くこともできます。

このように事業の方向性がしっかりとしてれば非常にメリットの大きい会社設立の方法といえます。必要な書類も株式会社の設立よりも手間がかからず、設立までの作業は1日から3日で終えることができます。また会社が法的に設立されるところまで

Source: http://kariruzo.com/index.php?%E5%90%88%E5%90%8C%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E8%A8%AD%E7%AB%8B%E6%B5%81%E3%82%8C



商号、事業目的など会社の概要を決めます。合同会社設立手続きの中でももっとも大切な部分ですので、時間をかけてご検討下さい。許認可や助成金の要件にも関連してきますので、できれば一度専門家にご相談下さい。

2.疑似商号調査 新会社法では同一の商号でも登記することができますので、必ずしも必要な手続きではありません。しかし、類似の商号で登記した場合には後々紛争となる可能性があります。また、商標登録されている可能性もありますので、類似の商号を持つ会社がないかを確認しておいた方が良いでしょう。 商号を考え、調査が終了しましたら、会社印鑑の作成を行いましょう。

3.事業目的の適格性の調査 事業目的とは、合同会社が設立後に行う事業内容のことです。事業目的には適法性と明確性が必要です。よって、違法なものや漠然としたものは事業目的にはできません。また、許認可の必要な事業を行う場合は、許認可を受ける官庁に事業目的の記載方法を必ず相談・確認するようにしましょう。なぜなら、この事業目的が登記されていない場合は、許認可してもらえないことがあるからです。

4.合同会社の印鑑などの作成 依頼から完成まで時間を要しますので注意ください。会社の商号が確定したら、法務局に登録する合同会社の実印を作成しておきましょう。合同会社の実印は設立登記の際に必要となります。また、本店所在地も決まっているようでしたら併せてゴム印や、銀行印、角印も必要に応じて作成しておくといいでしょう。

4.合同会社の定款作成 定款は3通必要となります。1通には4万円の収入印紙を貼り消印を行う必要があります。電子定款の場合は収入印紙は不要。

5.出資金の払い込みと給付 発起名義人による口座への出資金払込みを行います。現物出資の場合は現物出資財産の給付が必要となります。払込証明書と財産引継証の作成が必要です。定款認証が終了したら資本金を払い込みます。法人名義の口座は、設立後でないと開設できないため、発起人の代表者の個人口座に振り込みます。

6.合同会社の本店所在場所の決定 発起人の過半数一致が条件となり、発起人過半数一致を証する書面作成が必要です。ただし定款に、本店の所在場所まで記載する場合は不要です。

7.合同会社の登記申請 法務局で登記申請を行います。登録免許税が必要なので忘れないように注意してください。受付から完了まで2週間程度かかりますが、途中で修正が必要な箇所があると連絡が入り、修正が可能なら修正した上で再提出を行うことができます。

当事務所では、法人設立の相談・手続き代行を受付けております。 まずは【電話による無料相談】で不安を和らげてみませんか

TEL : 045-228-7445 受付時間 : 9:30~18:00(土日祝日は除く)

行政書士は法律上、守秘義務があるため、お客様の秘密は厳守致します。 メールによる相談はこちら → メールフォーム

メールセミナー 「専門家に丸投げするとなぜ6万円損する会社ができるのか?提案型会社設立コンサルティングをお試し公開」

【購読方法】 お名前とメールアドレス等すべての欄をご記入の上、確定ボタンをクリックしてください。。 同業者のご購読はご遠慮下さい。

Source: https://www.kaike1.com/company/llc-c/lcc-3610

Leave a Replay

Submit Message