合同会社の利益の分配方法について/福岡の合同会社設立の専門家が解説

個人 事務 所 設立 方法

一、行政院大陸委員會 (以下簡稱本會) 為辦理港澳事務財團法人 (以下簡稱財團法人) 之設立許可及監督事宜,特依民法有關規定訂定本要點。

二、本要點所稱財團法人,指以辦理臺灣地區與香港、澳門居民往來有關事務,並謀保障臺港澳人民權益為目的之財團法人。

三、財團法人,應於其特定名稱上冠以「財團法人」名義。

四、財團法人之設立,應依捐助章程規定,設置董事,由董事向本會申請許可後,向事務所所在地之法院聲請登記。

以遺囑捐助設立者,由遺囑執行人申請許可。

五、本會受理財團法人之申請設立時,應審酌其捐助財產是否足以達成設立目的。

前項捐助財產,除現金外,得以其他動產、不動產或有價證券代之。但現金總額不得少於新臺幣一千萬元。

財團法人應以捐助財產孳息及設立登記後之各項所得,辦理符合設立目的及捐助章程所定之業務,非經董事會決議及本會許可,不得動用基金及處分財產或設定負擔。

六、本會受理許可設立財團法人,應請申請人備具下列文件一式三份:

(四)由政府機關或團體捐助設立者,應附政府機關核准文書或該團體決議捐助之會議紀錄文件�

Source: http://takumi-tax.jp/services/kigyou/2.html



動画を見ます 個人 事務 所 設立 方法

合同会社の利益の分配方法について/福岡の合同会社設立の専門家が解説

詳細について 個人 事務 所 設立 方法

起業するにあたって、個人事業主で起業するのか、

会社設立するのか迷われる方も多いと思います。

それぞれのメリットやデメリットを理解したうえで、

会社設立するのか、個人で起業するのかを判断してみましょう。

個人と会社設立、それぞれの組織形態個人事業主とは

個人事業とは、株式会社などの会社を設立せず、個人で事業を行う形態です。法人を設立する手間や費用が発生せず、小さな資金で小さく始められるビジネスモデルです。

法人とは

株式会社や合同会社などの会社を設立して、役員として会社を運営する形態です。会社設立にかかる手間や費用が発生しますが、会社として事業を拡大するには優れたビジネスモデルです。

それぞれの組織形態のメリットとデメリット   個人事業主 メリット...開業のための手続きが簡単で、登記などの費用も必要ありませんし、 廃業するための手続きも比較的簡単です。 従業員さんが一定に達するまでは社会保険に入らなくても良いなどのメリットがあります。 デメリット..個人には所得税という税金がかかります。 この所得税は、儲けが多いほど税金も上がる仕組み(累進課税といいます。)になっているので、 一定の規模になると税金の負担が強くなります。 また節税商品も少ないため、税負担が多いデメリットがあります。   法人 メリット...銀行との関係、人材確保や取引先との口座開設など対外的メリットが大きいです。 節税など税金面での運用がしやすく、赤字が9年間繰越できます。 デメリット...社会保険の強制加入です。特に厚生年金の負担が大きいです。 また、会社設立の費用がかかることや、廃業する場合には、 解散・清算など手続きが複雑になるといったことがあげられます。

どちらの組織形態で起業するか

個人で起業するか、法人として会社設立するかには、

メリットデメリットで選択する方法もございますが、

どちらの組織形態で起業するかを選択されることをお勧めしております。

法人での会社設立をおすすめする場合

従業員さんを複数雇用して事業を拡大したいという方には法人を選択することをお勧めします。

社会保険の加入というデメリットも、人を採用するときにはメリットとなります。

会社を大きくして稼ぎたいこんな夢を叶えるには法人での起業・経営をおすすめしております。

個人での起業をおすすめする場合

運営する場合や、家族経営などでの経営規模を想定されている方には、手続きや費用面の負担も少なく、運営も簡単な個人での商売が適しています。

個人で始めてみて、法人なり(法人化)することは、どうですか?   法人なり・法人化とは、個人で小さく事業を始めて、 事業が軌道にのったら、 会社設立をして法人にすることを言います。   この形式を採用したい場合に注意すべき点としては、 許認可申請などが必要な業種については、 許認可申請を再度取り直す必要がでてしまうケースがございます。   この形式を採用したい場合には、 許認可申請が必要な業種は十分に注意が必要です。     個人事業主から法人化する最大の問題点は、 お取引先や外注先全てに、 法人にした後の入出金口座の変更の通知や、 印鑑の作り直し、オフィスの賃貸契約などの契約変更などの手間がかかることなどが挙げられます。   こちらは自社のみでなく、 取引先にも手間をかけてしまいますので、 慎重に行わなくてはなりません。   また、個人から新規で会社を作る場合には、 個人の財産や債務の引き継ぎなどの譲渡申告などで、 時価の算定など特殊な論点や思わぬところで税金が生じることもあります。   これらを踏まえて、 個人と法人のどちらの形態で起業するのかを決めてから、 事業をスタートすることが好ましいといえます。

個人と法人のどちらで起業するのかという

伸ばしていきたいかというところが重要です。

初年度から年商が1,000万円を超えるのが確実の場合には、

税務上でも節税対策の選択肢が多かったり、

得意先との新規口座開設の際に有利、

融資など資金調達も受けやすいなど将来を見据えると

株式会社など会社形式を選択されるのが適切と考えます。

会社設立や創業融資など起業に関するご相談は何でもお任せ下さい。

匠税理士事務所の起業支援サービス一覧 はこちらから

世田谷区や目黒区、品川区での会社設立サービス  

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

それぞれの組織形態のメリットとデメリット

メリット...開業のための手続きが簡単で、登記などの費用も必要ありませんし、

廃業するための手続きも比較的簡単です。

従業員さんが一定に達するまでは社会保険に入らなくても良いなどのメリットがあります。

デメリット..個人には所得税という税金がかかります。

この所得税は、儲けが多いほど税金も上がる仕組み(累進課税といいます。)になっているので、

一定の規模になると税金の負担が強くなります。

また節税商品も少ないため、税負担が多いデメリットがあります。

メリット...銀行との関係、人材確保や取引先との口座開設など対外的メリットが大きいです。

節税など税金面での運用がしやすく、赤字が9年間繰越できます。

デメリット...社会保険の強制加入です。特に厚生年金の負担が大きいです。

また、会社設立の費用がかかることや、廃業する場合には、

解散・清算など手続きが複雑になるといったことがあげられます。

個人で始めてみて、法人なり(法人化)することは、どうですか?

法人なり・法人化とは、個人で小さく事業を始めて、

会社設立をして法人にすることを言います。

この形式を採用したい場合に注意すべき点としては、

許認可申請などが必要な業種については、

許認可申請を再度取り直す必要がでてしまうケースがございます。

許認可申請が必要な業種は十分に注意が必要です。

個人事業主から法人化する最大の問題点は、

法人にした後の入出金口座の変更の通知や、

印鑑の作り直し、オフィスの賃貸契約などの契約変更などの手間がかかることなどが挙げられます。

取引先にも手間をかけてしまいますので、

また、個人から新規で会社を作る場合には、

個人の財産や債務の引き継ぎなどの譲渡申告などで、

時価の算定など特殊な論点や思わぬところで税金が生じることもあります。

個人と法人のどちらの形態で起業するのかを決めてから、

事業をスタートすることが好ましいといえます。

Source: http://www.mac.gov.tw/ct.asp?xItem=104251&ctNode=5654&mp=1

Leave a Replay

Submit Message