合同 会社 設立 登記

合同 会社 設立 登記

法人成り費用は①電子定款認証代5.2万,②KK設立登記印紙代15万(LLC6万)

詳細について 合同 会社 設立 登記



合同会社の設立日は、設立登記申請をした日になりますので、出資金の払い込みを完了したうえで、必要書類と登記申請費用(6万円)を用意して、本店所在地を管轄する法務局に出向くことが出来れば、即日合同会社を設立することが可能です。

では、登記申請をする前提条件である書類の作成と出資金の払い込みを完了するまでにどの位の期間が必要かについてですが、これは会社の基本事項の決定にどれだけ時間を掛けるかによります。

特に合同会社は機関設計や運営の裁量の範囲を広く取れますので、その分会社の根本規則である定款の作成には様々な要素を加味して十分に検討する必要があります。

下記は順調にいった場合のスケジュールです。

2. 法務局での商号・目的調査・印鑑証明書の取得⇒1日

4.出資金の払い込み・登記申請書類の作成⇒1日

登記申請の際に書類に不備があったり、内容面での訂正事項などがあると、作り直しが必要であったり、法務局を何度も往復しなければならなくなったというケースが少なからずありますので注意が必要です。

また、法務局に登記申請書類を提出しても、金融機関の口座を開設したりするために必要な、登記事項証明書(会社の登記簿)を発行することが可能になるまでの期間(法務局での審査期間)が10日前後掛かりますので(法務局により差があります)、実際に営業を開始するまでのスケジュールは、登記申請書類を提出後10日前後の日数の余裕を見ておく方が無難です。

以上のことから、合同会社の設立を思い立って、実際に営業を開始するまでには3週間から1ヶ月程の期間を見込んでおく必要があります。 (専門家に依頼して特別な機関設計や運営形態にしなければ、最短1日程度で登記申請が完了しますので、期間を短縮することは可能です。)

Source: http://kaisyasetsuritsu.jp/godo



合同会社設立方法について(5,900円)

【問題】 ① ___の決め方次第で数10万円損することもあります。 ② 1日仏滅、2日大安、どちらを設立日にしますか?   これだけで、差は5000円以上の差がでます。 ③ __定款を作成して設立すれば、4万円節約できます。

 専門業者でもわからない事も含まれているので、おそらく全問答えられた方はいないと思います。上記のようなことを知らないと、安く設立したと思っていても、結局は高かったりします。ここでは単に設立方法だけでなく、知っていると得する情報も説明していきます。初めての方でも理解できるように、できるだけ易しい言葉で合同会社の設立方法を解説していきます。 順番にお読いただければ、合同会社の設立方法が解るように説明します。 会社設立書類も無料でダウンロードできますのでご利用ください。

Contents 1 合同会社の設立を検討しよう!(合同会社とは) 1.1 合同会社のメリット 1.2 合同会社にするか株式会社にするかの判断ポイント 1.3 株式会社のような合同会社 1.4 やっぱり株式会社にしておけばよかった! 2 合同会社の設立手続について 2.1 合同会社を設立するにはどうするか? 2.2 合同会社設立の難易度について 2.3 会社設立のHOW TO本の問題点 3 合同会社を設立する際に最低必要な知識 3.1 まずは設立時に4万円節約! 3.2 合同会社の特徴 3.3 資本金は1000万円未満がお得! 3.4 設立時に注意する税金対策 3.5 まとめ 4 合同会社設立にいくら必要か? 4.1 合同会社を設立するのにいくら準備すればよいか? 4.2 ①資本金 4.3 ②法定費用 絶対かかる費用です。 4.4 ③その他の費用 4.5 安く設立するためのポイント! 5 合同会社設立方法(手順) 5.1 1.法務局を探します。 5.2 2.会社の基本情報を決めます。 5.3 3.事前準備 5.4 4.電子定款を作成します。 5.5 5.出資金を払込みます。 5.6 6.登記書類を作成します。 5.7 7.法務局へ登記書類を提出します。 6 会社設立に必要な書類サンプルを掲載します。 6.1 「登記申請」に必要な書類 6.2 設立登記申請書のまとめ方 6.3 設立後に行う手続き

合同会社の設立を検討しよう!(合同会社とは)合同会社のメリット

 合同会社は一般的に以下の様なメリットがあると言われています。

  ① 設立費用が安い。     約14万円安く設立できます。   ② 決算公告義務がない。     株式会社は毎年決算公告をする義務があります。     合同会社は不要ですので、年間約6万円の節約になります。   ③ 役員の任期がない。     役員の任期の度に更新手続きをする必要がありません。   ④ 剰余金の分配制限がない。   ⑤ 法人格を有するので、税制は株式会社と同じ。

 合同会社最大のメリットは①の「設立費用が安い」です。 具体的には株式会社は法定費用が20万円かかるのに対して、合同会社は6万円です。 手�

Source: http://llc-g.net/2007/09/post_27.html

Leave a Replay

Submit Message