明日設立です。今年は会社作ります ⑦ 失業者から起業への道

合同 会社 設立 の 流れ

株式会社 合同会社 設立費用

詳細について 合同 会社 設立 の 流れ



新会社法では有限会社が廃止となり、株式会社に一本化されました。したがって、新会社法のもとで新規に設立できるのは株式会社、合名会社、合資会社および合同会社となりました。ここでは、株式会社を設立する際の流れを、新会社法に基づいてご説明します。設立の基本であるとともに、重要事項となりますので、企業を計画されている方はぜひご一読ください。

合同会社

合同会社とは、平成18年5月1日施行された新「会社法」において、新しく設けられた形態の会社です。 ところで、学説上認められた概念に、物的会社、人的会社というものがあります。 前者は、会社の財産に重点があり、社員の個性は重んじられていません。社員は金銭関係においてだけ、会社とつながりを持つことになります。 株式会社がその典型的なものですが、出資者は会社の債務に対して、出資の範囲内で責任を負うことになります。 これに対して、後者は社員の個性が強く会社に反映して、個人的結合が濃厚な種類の会社のことです。すべての社員が会社債務について、直接無限連帯責任を負い、原則として会社の業務執行及び代表権限を持ちます。合名会社がその代表的なものであり、合資会社もこれに属します。 さて、合同会社ですが、この会社においては、社員はすべて会社債務に対し有限責任とされ、人的会社でありつつ、社員の有限責任が確保されている点に大きな特徴があります。 新会社法においては、従来の株式会社及び有限会社に相当する会社のことを株式会社として規定し、合名会社、合資会社及び合同会社を持分会社として規定しています。 合同会社は、アメリカやイギリスにおけるLLC・LLPを参考にしてつくられた会社形態です。 合同会社は、持分会社としての次のような特徴を持っています。 各社員が個性を有する人的会社です。従って、内部の関係は組合的な規律に従います。定款の変更は、原則として全社員の一致が必要です。 また、社員の入社、持分の譲渡の承認は、原則として全社員の一致を要します。業務執行権は原則として全社員が有しています。 また、合同会社は、次のような固有の特徴を有しています。 社員は間接有限責任のみを負います。各社員は出資義務を負いますが、信用や労務の出資は認められていません。出資は、全額払い込みを要します。 退社に際しては、持分の払い戻しは認められていません。 新会社法施行にともなって、有限会社は新規設立が認められなくなりましたが、それに代わって有限責任の小規模な法人としての合同会社が活用されるようになるでしょう。

株式会社設立フロー(1)商号、本店所在地、目的、営業年度等を決定

設立する会社の骨組みとなる事項を決めていきます。

(2)法務局で目的の適正さ、同一住所・同一商号のチェック

新会社法では、「同一住所・同一商号の会社の取り扱い」として、「既に登記されている他の会社と同一の住所の会社は、行う営業のいかんにかかわらず、当該他の会社と同一の商号を登記することができないものとする」とされています。 なお、新会社法においては、類似商号の制度は廃止されたので、目的の具体性の審査基準はかなり柔軟化されました。具体的には「商業を営む」という目的でも受付けられることになりそうです。

(3)資本の額、会社の機関の設計を決定

最低資本金の制度が廃止されたので、資本金0円の会社でも設立できることになりました。 新会社法においては、株式会社には取締役が最低1名いればよく、その他の機関につては任意であり、置いても置かなくてもかまわないことになっています。置く場合には、定款に記載する必要があります。

(4)会社の印鑑とゴム印などを作成

登記所では,商業登記に基づいた電子認証のサービスが提供されています。 この電子認証を利用して,法人が電子取引や電子申請を行う際に,その代表者が電子署名を行うことができます。また,取引や申請の相手方は,法人の商号・本店や代表者の氏名を,パソコン上で直ちに確認することができるようになります。この電子認証制度を利用するためには、登記官から電子証明書の発行を受けなければなりません。このように、 電子認証制度というのは,商業登記に基づいて法務局がデジタル証明書を発行する制度のことですが、電子取引や電子申請においては、このデジタル証明書は,従来の印鑑証明書や資格証明書の代わりに利用されることになります。

(5)定款を作成し、公証役場で定款の認証

定款には絶対的記載事項と任意的記載事項があります。このうち絶対的記載事項(商号、目的等)の記載がないと定款自体が無効となりますので注意が必要です。

定款の絶対的記載事項の変更(6)株式の引き受けおよび払い込み

株式を引き受けた発起人が銀行に払い込みを行い、銀行発行の保管証明書を取得します。ただし、発起設立においては、払込金保管証明書制度は廃止され、払込金受入証明書又は発起人が作成した設立に際して出資される財産の価額又はその最低限額の全額の払込みを受けたことを証明する旨を記載した書面に預金通帳の写しや取引明細表を合綴したもの等をつければ、設立手続を進めることが可能となりました。

(7)設立の登記申請(8)登記が終了することにより、会社が成立(9)各種官公庁へ設立届を提出設立後の法務サービス

我孫子総合事務所では、役員の任期の管理、新法律情報の提供、労務、法務の各種相談、コンサルティングなどをさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

会社設立 会社設立の流れ 会社設立の費用|

Source: http://www.godo-kit.com/



延べ合同会社設立支援実績1,500件を超える専門家が作ったのオリジナル合同会社設立書式集となっております。

書式は穴埋め式ワードファイルになっていますので、 マニュアルに従ってご入力頂くだけで、一般の方でも簡単に完璧な書類が完成します。

「安く、簡単に合同会社設立手続きを終えたい」とお考えの方は是非ご活用下さい。

販売開始より一般の方に広くご購入いただいておりますが、皆様ご自身の力で手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいませんので、どうぞご安心ください。

【お願い】 当マニュアルは、基本的にご自身にて書類の作成・お手続きを行って頂く為のサービスです。ご自身で書類作成及び手続きを行って頂くことで、低価格販売を実現できております。 マニュアルに記載してある内容のご質問や、書類のチェック依頼はご遠慮頂くようお願い致します。 もちろん、マニュアルを読んでもわからない部分に関しては、無料にて相談サポートさせて頂きます。 また、書類の作成に自信がない方は、弊社にて合同会社設立代行サービスも提供しておりますので、そちらをご検討ください。(ご依頼へ変更の場合には当該キット代金はご返金致します。)

平成14年度から、従来の紙ベースの定款だけではなく、電子文書による定款が認められるようにしました。この電子文書によって作成された定款のことを、電子定款と呼んでいます。

従来の紙で作成した定款には、4万円分の印紙を貼付する必要があるのですが、この電子定款の場合は、「紙でないので印紙を貼る必要がない」とされているのです。

電子定款を使わずに紙ベースでの定款を作成すると、合同会社設立に掛かる費用は以下のようになります。

紙ベース定款での合同会社設立費用(ご自身で全ての手続きをされる場合)

電子定款を利用する最大のメリットは、上記収入印紙代の40,000円が不要になるところです。 ※電子定款はご自身で作成することもできますが、その為のシステム導入・ソフトウェア購入に一定の費用、時間・手間がかかります。

【ご注意ください】 当キットには、電子定款作成サービス自体は含まれておりませんが、別途5,400円(税込)のサービス料金にて、電子定款作成の代行を承っております。印紙代40,000円の節約できますから、ぜひ、合わせてご利用いただければと思います。ご希望のお客様は、下記のサイト(当キット製作者運営)より、別途お申し込みくださいませ。当キット購入者様割引価格でご提供させていただいております。→合同会社電子定款.com

合同会社の設立手続きは、株式会社の設立手続きと違って、公証役場で定款の認証を受ける必要がありません。

株式会社設立の場合には、この公証役場での定款認証の際に、紙の定款の場合には4万円分の印紙を貼っていなければ認証されません。定款認証されなければ、当然会社設立手続きは完了できません。従って、株式会社を設立される方は、4万円の印紙代を節約したいと思うと、必ず電子定款を作成する必要があるのです。

一方で、合同会社の場合、公証役場での定款認証は不要です。仮に、専門家にも依頼せず、自分自身で紙の定款を作成しても、公証役場での認証は必要なく、更には、法務局に登記申請をしても印紙の件は何も言われないので、普通に合同会社設立手続きが完了してしまいます。

しかし、印紙税法上、4万円の印紙貼付が免除されるのは、合同会社の定款を電子データで作成した電子定款の場合のみです。

従って、紙ベースの定款を作成しているのであれば、仮に合同会社設立手続きが完了するとしても、4万円の印紙を貼らなければならないわけです。

では、紙ベースの定款であるにもかかわらず、4万円の印紙を貼っていない場合どうなるのでしょうか?

言うまでもなく脱税は法令違反ですし、その場合、本来の印紙税4万円に加え、過怠税で8万円かかりますので、合計12万円を納めることになってしまいます。(本来の税額の更に2倍が罰則として課税されます。)

そのようなことにならない為にも定款はきちんと電子定款で作っておくよう注意しましょう。

【電子定款の作成をご希望の方へ】 当キットには、電子定款作成サービス自体は含まれておりませんが、別途5,400円(税込)のサービス料金にて、電子定款作成の代行を承っております。印紙代40,000円の節約できますから、ぜひ、合わせてご利用いただければと思います。ご希望のお客様は、下記のサイト(当キット製作者運営)より、別途お申し込みくださいませ。当キット購入者様割引価格でご提供させていただいております。→合同会社電子定款.com

合同会社設立手続きにおきましては、キット代金(12,600円)のみではなく、印鑑代、印紙代40,000円、登録免許税60,000円が必要になります。

定款印紙代と登録免許税はお客様ご自身で完全に手続きをしたとしても、必ず必要になる費用です。つまり、100,000円+印鑑代実費は、キット代金を除いても必ず必要になります。

印紙代40,000円は、「電子定款」を利用することで節約することが出来ますが、当合同会社設立キットには、「定款を電磁的記録化(電子定款化)」する為の方法は記載されておりません。

電子定款の作成は専門家に外注することで専門家報酬はかかりますが、印紙代40,000円はゼロに出来ます。こちらから別途お申込みください。→合同会社電子定款.com

Source: http://www.abiko.co.jp/foundation/flow.html

Leave a Replay

Submit Message