#_法人化とは個人事業を帳簿閉鎖し資産等を会社開始残高として引継ぐ事

個人 事業 法人 化

#_法人化とは個人事業を帳簿閉鎖し資産等を会社開始残高として引継ぐ事

詳細について 個人 事業 法人 化



個人事業主が行える事業と法人化した後で、行える事業には差異があります。 前者は原則として何をしても問題はありません。 無論、法令上において個人事業主の場合にはできない場合は除きますが、それ以外では制約はありません。

一方、後者の場合には、法人定款や法人登記により何の業務を行うのかを明文化しています。したがって、それ以外の業務を行うとなると、定款の変更や法人登記の変更が必要になってきます。ただし、法人で行うことができるものは原則として無制限であるのに対して、個人事業主の場合にはできる事業には限りがあることはよく把握しておく必要があります。

たとえばサービス提供等で法人でなければその損害賠償が困難になるような大きな責任が生じうるケースでは、法人化していなければなかなか対応が困難であることから、事業を行う際には法人化されていることが原則となっている場合があり得ます。 このように、社会的な信用性という点においてどうしても個人と法人とでは差が生じます。

これは事業そのものでもまた社会的信用性という点で金融機関からの融資ということでも問題が生じ得ます。つまり、より大きな事業を実行したいという場合には、法人にする選択をしなければならない場合があるということです。

その一方で、法人の場合は利害関係者が多くなるというメリット、デメリットがありますが、関係者が多くなればそれだけ諸事裁くのが難しくなるため、組織体制整備が大変になります。法人化するかどうかは、まずはこちらの《個人事業主からの法人化計画》というサイトから情報を得て検討してみるといいでしょう。

Source: http://kaisya-tsukuro.net/cost.html



会社の種類

現在、日本の会社には「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」の4種類があります※。 この4種類のうち「合名会社」「合資会社」は現在作る人はまずいないといっていい状態のため無視します。 ※以前は有限会社もありましたが、2006年5月に廃止され、新たに作ることはできなくなりました。 残る2つのうち、圧倒的にメジャーなのが株式会社です。誤解を恐れずに言うと、会社設立=株式会社というイメージすらあるのではないでしょうか。 「会社をつくりたい」という方の多くは、株式会社を設立することになると思います。 また、もう一つの有力な選択肢が合同会社です。これは2006年5月に出来た新しいタイプの会社です。 設立費用が株式会社よりも安いことや、利益分配が柔軟にできることから、少人数での起業に適しているとされており、近年設立が増加しています。 以下に株式会社と比較した特徴をまとめました。

会社設立にかかる費用

必要な費用を表にまとめました。専門用語が並んでますが、気にせず金額だけ見て下さい。 「紙の定款の場合」と「電子定款の場合」とで金額が変わっていますが、当サイトでは安い電子定款を使うやり方を解説していきます。

 ※株式会社、合同会社とも他に定款や登記簿の謄本等で数千円がかかります。

説明を読んで、株式会社または合同会社をつくることを決意されたという方は、ご自身に合った会社設立を行っていただくためにも、設立の手続きに入る前に 「会社設立「自分でやる」VS「専門家に依頼」どちらがおトクなの?」へと進んでください。

会社設立「自分でやる」VS「専門家に依頼」どちらがおトクなの?へと進む

Source: http://www.lanyingonline.com/

Leave a Replay

Submit Message