【士業動画】資金調達 新規出店 (松戸市 会社設立 登記)

新規 会社 設立

【士業動画】資金調達 新規出店 (松戸市 会社設立 登記)

詳細について 新規 会社 設立



スタートアップや週末起業という言葉が頻繁に使われるようになった昨今、「自分も将来は会社を…」と考えている方は多いのではないでしょうか。

実際に会社の設立する時には、資本金や設立費用の他にも用意しておくべきものがあります。

以下の図をご覧になって下さい。これは、会社設立の大まかな流れをあらわしたものです。※合同会社の場合は「定款の認証手続」のステップが不要で、登記書類も少ないため、比較的簡単に設立することができます。

このように見てみると、会社設立の手続きは意外とシンプルであることがお分かりだと思います。

そして、実際に会社を設立する時に、事前の準備をしっかりと済ませていると、その後の流れが非常にスムーズになります。そこで、当ページでは事前に用意しておきたい10個の項目をご紹介します。ぜひ、あなたが独立・起業する時のために参考にして頂けると嬉しいです。

また、当ページで記載している内容は、株式会社でも合同会社でも使えるものです。株式会社と合同会社で用意しておくべき項目が違う場合は、それぞれの項で、その違いも詳しく解説していますのでご安心下さい。

目次:株式会社を設立する前に用意しておくべき10の項目(会社設立の流れ)

※目次をクリックすると各項目に飛ぶことができます。

1.会社名(商号)を決める 1.1 会社名をかんがえる時に知っておきたい5Iルール 1.2 会社名をかんがえる時に参考になる記事のリンク 1.3 会社名をかんがえる時に守らなければいけない4つの決まり事 1.4 会社名を決める時の判断基準2つ 2 事業目的を決める 2.1 事業目的とは? 2.2 事業の目的を決めよう 3 本店所在地を決める 3.1 本店所在地とは? 3.2 本店所在地を決める時に注意すべき2つのポイント 3.3 本店所在地の書き方2パターン 4 資本金の額を決める 4.1 どれだけ必要?資本金の適切な額とは 4.2 資本金を決めるときの注意事項2つ 5 資本金(株主/出資者)を集める 5.1 会社設立時の資本金を誰が出すか? 5.2 発起設立(一般的な株式会社と全ての合同会社) 5.3 募集設立(特殊な場合の会社設立) 6 機関設計 6.1 機関設計とは? 6.2 株式会社の機関設計 6.3 合同会社の機関設計 7 事業年度を決める 7.1 節税に効果的な事業年度の決め方 7.2 消費税免除期間を基準に事業年度を決める方法 8 会社の印鑑をつくる 8.1 会社の運営に必要な印鑑は4種類 8.2 会社用印鑑のおすすめネットショップ 9 個人の印鑑証明書を用意する 9.1 印鑑の登録方法と印鑑証明書の取得方法 9.2 印鑑証明書は2通取得しておこう 10 設立費用を用意する   10.1 会社設立に最低限必要な額とは 10.2 手続きを行政書士や司法書士に依頼する場合の費用

1 会社名(商号)を決める1.1 会社名を考える時に知っておきたい5Iルール

会社名の決定は、創業者に与えられた特権です。それだけに、会社を設立するときに最も悩むポイントですよね。そこで、会社名をかんがえる時には『5I(ファイブアイ)ルール』というネーミングのルールを参考にしてみましょう。

5Iルールとは? Impact:一目で覚えられるようなインパクトがあり Interest:興味を持たれやすく Information:いろいろな情報がこめられており Impression:初めて聞いた人の記憶に残り Idea:それらを含め優れたアイデアがあること

これらのルールを満たした会社名をかんがえるのは決して簡単なことではありませんよね。そこで、実際の会社名を参考にしてみるのもオススメです。

1.2 会社名を考える時に参考になる記事のリンク

以下のリンクは会社名をかんがえる時に参考になると思います。

さまざまな会社名がありますが、会社名を考えるさいは最低限の決まり事を守る必要があります。次に、それらの決まり事を抑えておきましょう。

1.3 会社名を考えるときに守らなければいけない4つの決まり事

今までは会社名として使用可能な文字には、とても厳しい規制がありました。しかし、今では、登記法が改正されて、多彩な社名を作ることができるようになっています。それでも守らなければいけない最低限の決まり事はあります。

 会社名のどこかに必ず「株式会社」という文字をいれる
 : 一般的には会社名の前から後ろにしますが、真ん中に入れても構いません。  記号やアルファベット、数字もつかえる: 記号は「&」「‘」「,」「-」「.」「・」を使うことができます。 「○○事業部」など会社の一部門を示す文字はつかえない: 例えば、銀行業でもないのに「銀行」という文字を使用したりするなど混乱をまねくような文字は法律上、使用が禁止されています。  NTTなど実績のある有名企業の名前を使うことはできない: 上記と同じ理由で、見た人の誤認をまねくような会社�

Source: http://inqup.com/10things-to-prepare



新会社法とは?

資本金1円からでも、役員1人でも、個人事業主でも、株式会社を設立できるようになりました。独立、起業を考えていたが、資本金がネックで断念していた方、役員が揃わなかった方、個人事業主だからあきらめていた方も大丈夫です。

資本金はいくらでも(最低1円でも)いい 今までは、株式なら1000万円、有限なら300万円が必要でした。また、確認会社(1円会社)の制度を利用すると、5年以内に株式なら1000万円へ、 有限なら300万円への増資が必要でした。新会社法では、増資の必要もなくなりました。資本金を用意するのがネックだった方も、会社が創りやすくなったというわけです。 役員は1人でもいい 今までは、株式会社は、取締役3名、監査役1名の最低4名の役員が必要でした。新会社法では、取締役1名のみでも大丈夫です。監査役は入れても入れなくても大丈夫です。無理に、家族、知人に頼まなくてもよくなりました。 役員の任が最長10年に 今までは最長2年で、メンバーが変わっても変わらなくても、手続きが必要でした。その度に、印紙代1万円がかかりました。新会社法では、最長10年にできます。特に1人で始める方は、お得な制度です。 資本金払込み手続きが簡単に 今までは、設立途中の金融機関への資本金払込み手続きが面倒でした。まず引受けてくれる金融機関を探し、そこに1000万円なり、300万円なりを入れ、手数料も取られ、しばらく引き出しもできない。新会社法では、この手続きは不要で、簡単になりました。しばらく寝かせることもありません。最短その日に引き出しできます。 個人事業主でもそのまま法人化が可能 確認会社(1円会社)の制度では、そのまま1人では創ることができませんでした。新会社法では、廃業届を出す、裏ワザを使うなどをしなくても、そのまま法人化できます。 有限会社は廃止 新会社法では、株式会社に統一されました。 今までの有限会社は、そのまま「特例有限会社」として存続します。 有限会社としてのメリットを感じている方は、特に変更手続きなどはありません。 確認会社(1円会社)の制度も廃止 新会社法の施行で、確認会社の制度は終了しました。今までに確認会社を創った人も、5年以内の増資の必要がなくなりました。ただし、何もしなくてもいいわけではなく、定款の最後の方にある「5年以内に増資しなければ解散する・・・」という文章を削除する手続きが必要になりました。 合同会社(LLC)の新設 有限会社が廃止の変わりに、新しく合同会社(通称LLC)という制度ができました。「合同」といっても、株式会社と同じで、1人でも設立できます。設立費用が、株式会社に比べ低いため、最初の費用を抑えたいとか、節税対策のために2社目、3社目を考える人にはお勧めです。

確かに資本金1円からでも会社設立できますが、創業当初の経費は資本金から出ることになるので、当面の経費を計算して資本金を決める必要があります。

また、メンバー構成次第で、今まで使えた節税対策が使えなくなるかもしれません。

これを考えて資本金の額、出資者を決めましょう。

Source: http://www.e-kaisya.jp/setsuritsu/new_kaisya.html

Leave a Replay

Submit Message