建設業者が会社設立する際に注意すべき3つのこと | 建設業許可千葉.com

建設 業 会社 設立

ごあいさつ

こんにちは。行政書士の大江亜里朱(ありす)です。 会社設立や独立開業、許認可申請のお手伝いをします。 ■建設業許可が必要!ウチの会社は許可がとれるんでしょうか? ■会社を作るにはどんな手続きが必要なのでしょうか? ■麻雀屋をはじめるにはどうすればいいのでしょうか? ■大手の企業と取引することになったので、きちんとした契約書を作りたい・・・ ■宅建業の免許の更新まで時間がありません。 ■女性の行政書士に相談したいことがあります。 まずはお気軽にご相談ください。 女性行政書士がお答えします。 ホームページ上からの無料相談は相談フォームからどうぞ。 メールでのご相談はこちらからどうぞ。 お電話の方は03-5451-3542へどうぞ。 ご依頼の方法はご依頼の流れをご覧ください。

お客さまの声

大江ありす行政書士事務所をご利用いただいたお客様の声を動画で見ることができます。 株式会社グリーンリビングの代表取締役、佐藤泰也さん、ありがとうございました。 当事務所とのお付き合いは長く、労働者派遣業、有料職業紹介業、宅建業免許などの許認可申請のお手伝いをしました。 許認可申請のことならお気軽にご相談ください。

大江ありす行政書士事務所 3つのメリット

1)面倒な手続き一切を代行します。

2)会社やお店から一歩も出る必要はありません。

行政書士とは行政書士は身近な相談相手です。

「行政書士」がどんな仕事をしているのかご存知でしょうか。 行政書士は、ひとことで言えば、身近な法律家です。 お客様の身の回りで起こりそうな法律上の問題や経営上の相談を受ける「経営法務コンサルタント」なのです。 しかし、行政書士がどんな仕事をしているのかは、一般の人にはなかなか理解されていないのが現状です。 その理由は、何なのでしょう。 行政書士法には、他の法律で制限されているものを除き役所に提出する書類その他権利義務・事実証明に関する書類の作成は、すべて行政書士の業務であると規定されています。つまり、他の法律で「業務としてやってはいけませんよ」と定められていないものはすべて、行政書士の仕事なのです。 他の○○士がやらない業務を包括的に業務としているため、仕事の範囲が非常に幅広くなっています。そのため、結局何をする人かハッキリわからないのです。 具体的な業務を業務内容のページにまとめてありますのでご覧下さい。 このように幅広い業務をこなすために、行政書士は法律と会計の両方の知識を持っており、経営と法務のコンサルタント業務が可能です。

面倒な手続きもおまかせ下さい。

役所に許可や認可などの申請をしようとするとき、どんな書類をどの役所に出せばよいのか、お困りになったことはありませんか。 お店を始めたい、会社を作りたいがどうしたらよいかよくわからない、とご相談を受けたことはありませんか。 そういうときこそ行政書士の出番です。 許可・認可などは法律によって規制されており、その法律の要件を満たさなければ許可・認可は得られないのです。 行政書士はみなさんの依頼で、難しい法律上の問題やわずらわしい行政手続き一切を、つまり必要となる書類の収集・作成から役所への書類提出代行まですべてをサポートいたします。 行政書士は、「行政」とあなたとの間に立って、いろいろな手続きをあなたに代わって行うことができます。

総合的にアドバイスします。

業務遂行上幅広い法律知識を持つ行政書士は、的確なアドバイザーとしてあなたのお役に立ちます。 行政書士は、国家資格であり、信用と品位を保持し誠実に業務を遂行する義務・すみやかに依頼に応じる義務・依頼主の秘密を守る義務などが法律によって定められており、みなさんが安心して依頼できるようになっています。 行政書士業務の範囲にこだわらずに、どんなことでも気軽にご相談ください。 ご相談はこちらからできます。 トラブルなどを相談によって未然に解決するのは行政書士の重要な役目です。 また、仮に行政書士の業務範囲を越えていた場合には、信頼できる専門家を紹介いたします。 メールでのご相談はこちらからどうぞ。

INFORMATION

Source: http://www.dreamgate.gr.jp/knowhow/setsuzei_knowhow_detail/id=2148



動画を見ます 建設 業 会社 設立

建設業者が会社設立する際に注意すべき3つのこと | 建設業許可千葉.com

詳細について 建設 業 会社 設立

消費税は、会社設立時のケースによって、節税方法が違ってきます。 今回は、 ・資本金1千万円未満 ・資本金1千万円以上 ・多額の設備投資や仕入れをする場合 のケースごとに見ていきましょう。

1. 資本金1千万円未満の会社のケース

会社設立の時に発生する費用として、 1)2年間は、消費税が免税に! 会社設立時の資本金が1千万円未満場合、設立1期目と2期目は、消費税が免除されるので、起業する時は、資本金を1千万円未満にするとお得です。 その場合、例えば ・売上:2,100万円(うち消費税:100万円) ・仕入:1,260万円(うち消費税:60万円) だとすると、本来納付すべき差額の消費税40万円を、納税しなくて済みます。 そのため、もし自己資金2千万円で会社設立するならば、例えば、 ・資本金:9百万円 ・会社への貸付:11百万円 とし、必要であれば後で増資をしましょう。 2)増資に注意! 設立2期目で増資をする際も、消費税の免税については期首の資本金で判断されるので注意してください。 例えば、3月決算の場合は、設立2期目の期首4月1日を過ぎてから、資本金1千万円以上に増資すれば、設立2期目も免税事業者になります。 3)決算期の設定に注意! 決算期にも注意して、免税事業者のメリットをフルに享受してください。 例えば、6月に会社を設立し3月決算とすると、初年度は10ヶ月しかありません。 会社をスタートするタイミングや、決算期の設定も大切です。 4)今後は上半期にも注意!-平成23年度税制改正 ①改正内容 資本金1千万円未満であれば、設立3期目から消費税を納税するですが、平成23年度税制改正により、直前期の上半期(事業年度開始から6ヵ月間)の ・売上 ・人件費 の両方が1千万円を超えると、翌期から消費税を納めることになりました。 なお、この人件費には、役員・正社員の給与・賞与だけではなく、派遣社員やパートの給与等までも含まれます。(ただし、退職金は含まれません) ②対応策 もし、設立から6ヵ月で売上も人件費も1千万円を超えそうな場合、 ・売上を下期にずらせないか ・給与の代わりに、下期の決算賞与で支給できないか ・会社設立を少し早めて売上・人件費が発生しない期間を作る など検討し、売上か人件費のどちらかが1千万円を下回るようにしてみましょう。 あるいは、会社を月中に設立すると、上半期の期間が少し短くなります。 例えば、4月25日に設立すると、上半期は、6か月後(この場合は10月24日)の前月末である9月30日までになり、実質的に5ヶ月くらいになるので、検討してみてください。 ③実施時期 この改正は、平成25年1月1日から開始する事業年度から適用されるので、1年前の、平成24年1月1日から開始する事業年度の上半期で判定されます。 もし、該当しそうな場合、平成23年中に会社を設立した方がいいですね。

2.資本金1千万円以上の会社のケース

1)簡易課税制度の検討を! どうしても、資本金1千万円以上で会社を設立する時もあります。 その時は、手間暇かけずに節税もできる“簡易課税制度”を検討しましょう。 なお、本来、簡易課税制度は、課税売上高が5千万円以下の小規模事業者が対象ですが、設立1期目と設立2期目は、「簡易課税選択適用届出書」を税務署に提出すれば、どの会社でも適用できます。 2)具体的な計算方法 簡易課税とは、売上高に、事業に応じた“みなし仕入率”を掛けることで、控除する消費税を計算する方法です。 “みなし仕入率”は、 ・第1種事業者: 卸売業・・・90% ・第2種事業者: 小売業・・・80% ・第3種事業者: 製造業・建設業・・・70% ・第4種事業者: 飲食業・・・60% ・第5種事業者: サービス業・不動産業・運輸通信・・・50% になります。 簡易課税制度のメリットは、 ・計算が簡単、  ・実際の課税仕入れの割合が“みなし仕入れ率”よりも小さい場合の節税メリット にあります。 3)注意点 ただし、簡易課税を選択すると、  ・実際の課税仕入れの割合が“みなし仕入れ率”が大きい場合 ・設立1期目は有利でも、2期目は不利になる場合 ・複数の事業を行っており、計算が煩雑になる場合 といったケースや、 ・簡易課税を選択すると、2年間は変更ができない、  ・設立1年目に売上が5千万円を超えると、設立3年目は原則課税になる といった点も留意してください。

3.多額の設備投資や仕入れをする時

1) 消費税が還付となる場合! 設立1期目は、売上があまり上がらないにもかかわらず、 ・設備投資や、 ・商品の仕入れ、 が多額になりがちです。

Source: http://www.ohe-net.com/

Leave a Replay

Submit Message