株式会社と合同会社の違いと有限会社について

有限 会社 設立

株式会社と合同会社の違いと有限会社について

詳細について 有限 会社 設立



1.会社概要を決める 発起人・役員・商号・事業目的(※)・決算期・資本金額など会社の設立を進める上での必要事項を決めておきましょう。 ※事業目的の雛形・サンプルの検索はこちら(弊所の別サイトに飛びます)。→会社定款の事業目的検索

2.類似商号、事業目的の適否チェックを行う 会社の本店所在地を管轄する法務局でチェックします。事前に電話で管轄法務局を調べておきましょう。 →管轄法務局のチェック

3.印鑑を発注する 類似商号の調査を終え、社名が確定しましたら印鑑を発注しましょう。会社の代表印は設立登記申請時に必ず必要になります。 印鑑には規格サイズがありますが、印鑑屋さんで「会社の代表印」と言えば適切なサイズの印鑑を作ってもらえます。お急ぎで安い印鑑なら → 印鑑作成サービス

4.定款の作成を行う。 定款とは会社の基本的な決め事を記載した書類のことです。この定款に記載すべき事項は法で定められており、必ず記載しなければならない事が1つ でも抜けていると、後の「認証」もしてもらえませんし、定款も無効になってしまいます。

5.定款認証を受ける 定款の作成が済んだら公証役場で定款の認証を受けます。 定款認証事務は、同一都道府県内の公証役場ならどこでもいいので、都合の良い公証役場を事前に調べ、日時を電話で打ち合せておくとスムーズです。 → 全国の公証役場一覧 ■公証役場に持参するもの 定款3通 費用 収入印紙4万円、 認証手数料 5万円、謄本交付代250円×枚数 発起人全員の印鑑証明書(※発起人が法人の時はその登記簿謄本と印鑑証明書 各1通 公証役場に出向く人の実印 委任状 ※原則は発起人全員が公証役場に出頭します。その場合はこの委任状は必要ありません。  → 収入印紙不要。4万円もお得!電子定款認証とは?

6.資本金の払込みを行う。 定款において決めた資本金(定款記載の出資額と同額)を出資者自身の名義で払込ます。 流れとしては以下の通り手続き・書類作成をします。 資本金を自分名義の口座に自分名義で振り込む。 通帳の表紙と1ページ目、上記払い込みをしたページのコピーを取る。 払込証明書を作成して、上記のコピーを一緒につづる。 上記書類の継ぎ目に会社代表印を押して終了。

7.登記申請を行う。 資本金払込後、2週間以内に法務局へ登記申請をします。 会社成立日は「登記申請をした日」ですので、ご注意下さい。

8.会社設立後の諸届出を行う 税務・労務等の諸届出が必要です。 会社設立後すぐに済ませておきましょう。

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

→10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

定款の作成が済んだら公証役場で定款の認証を受けます。

定款認証事務は、同一都道府県内の公証役場ならどこでもいいので、都合の良い公証役場を事前に調べ、日時を電話で打ち合せておくとスムーズです。 → 全国の公証役場一覧

■公証役場に持参するもの

※原則は発起人全員が公証役場に出頭します。その場合はこの委任状は必要ありません。

 → 収入印紙不要。4万円もお得!電子定款認証とは?

Source: http://inqup.com/company-merit



事業を新たに始める時に、会社を設立するか、個人事業でスタートするかは非常に迷う所です。会社法が改正され、今は誰でも簡単に会社を作ることができるようにりました。

しかし、実際のメリット・デメリットを理解している人は少ないのが現実です。

安易に会社設立という選択をするのではなく、しっかりと根拠を持って判断したい所です。正しい判断をするために、具体的にどのようなメリット・デメリットがあるのか、ぜひ参考にしてみてください。

抑えておきたい会社設立のメリット1.取引先や仕入先から信頼を得やすい

個人事業よりも法人の方が信頼があるという単純な構図を解説するWEBサイトが多いですが、最近ではフリーランスが増えてきていることもあり、個人事業でも技術や実績を積めば高額な取引ができる社会になってきました。個人だから、法人だからというよりは、あくまでその人の能力や信頼が重要です。

しかしながら、まだまだ法人の方が信頼面で有利になる場面があります。例えば、以下のような場合です。

個人事業とは取引をしないという会社はまだまだ存在している 銀行からの借入は、個人事業よりも法人の方がしやすい ウェブサイトの運用元が法人の方が信頼されやすい 営業時や採用時に相手に与える印象は法人の方がよい 事業に対する信頼は法人の方が上

細かいと思われるかもしれませんが、実際に取引先や仕入先とやり取りをすると、法人と個人の違いを痛感する方が多いです。

2.節税面でメリットが大きい

節税という観点から言えば、年間所得が継続的に500万円を超える水準になってくれば法人化した方が有利です。(但し、所得が上昇していく予想がたつ場合)事務的な負担やランニングコストも発生してきますので、所得が増えてくれば税理士と一度面談して税額を計算してもらうのがいいでしょう。

最近は初回の面談・相談を無料でやってくれる税理士も増えています。それでは、税務上のメリットを簡潔にお伝えすると例えば以下のようなものがあります。

所得税と法人税の税率の差:個人事業の所得税は累進課税であるため、所得が増えれば増える程、税率が高くなっていきます。そのため、法人にした方が有利になるラインがあります。詳細な計算は重要ではないので省きますが、年間の所得が500万円を超える水準であれば一度法人化を検討した方がいいでしょう。 経費の幅が増える:生命保険や自宅兼事務所、自動車、退職金など、法人にした方が経費として認められる幅が広くなります。 家族への給与:個人事業では原則として家族に給与を支払えません。青色事業専従者給与として税務署へ届出をした場合にのみ認められています。法人の場合はそういった制限が無いため、実際に事業に従事していれば家族に自由に給与を支払うことが可能です。これによって、所得分散をして経営者の所得税、住民税を節税することが可能になります。

考え方は様々ですが、事業のキャッシュフローの観点から節税はとても大切ですので、ぜひ抑えておきましょう。

3.融資や資金調達の幅が広がる

金融機関からの融資は個人事業と法人では大きく違います。個人事業で金融機関から融資を受けようとする場合、第三者保証人を要求されるなど、条件が非常に厳しくなります。一方法人の場合は広く融資の可能性が開かれています。また、融資以外の資金調達も可能性が広いと言えます。

参考:『起業するなら抑えておきたい10の資金調達法』

4.取引先の幅が広がる

取引先が法人が多い事業をする場合は、やはり法人の方が可能性が広いと言えます。個人に対する理解が深まる一方で、まだまだ個人とは取引をしないという法人があることは事実です。取引先の広がりを考えた場合は法人の方が有利と言えます。

5.採用の幅が広がる

採用はやはり法人の方が有利です。働く人にとって、個人事業よりも法人の方が安心感を与えますので採用もしやすくなります。

6.決算月を自由に決められる

個人事業の場合は1月~12月が事業年度と決められていますが、法人の場合は決算月を自由に決める事が可能です。売上が極端に多い月があるような事業の場合は、その月を事業年度の最初にくるように決算月を決めることで、計画的に経営できるようになったり、節税対策をより実施しやすくする効果があります。

7.相続税がかからない

個人事業の場合、経営者が死亡すると全ての財産が相続の対象になりますが、法人の場合、会社の所有財産には相続税がかかりません。(但し、経営者が所有していた株式には、相続税がかかります)。)多くの資産家が不動産や財産の管理会社を所有するのはこのメリットがあるからです

8.有限責任:経営のリスクが少なくなる

個人事業の場合、税金の滞納や借入金、仕入れ先への未払いなど、最後まで自腹を切ってでも返済しなければなりません。これに対して、法人の場合は出資の範囲で有限責任となりますので、出資した範囲でのみ返済義務を負うことになります。但し、社長個人が保証人になっている借入等は返済しなければなりません。保証人になっていなければ、法人の方がリスクが少なく、再チャレンジの可能性も高いと言えます。

9.事業に対する自身の覚悟が生まれる

法人を設立するということは、「事業をしっかりと行う」という意思表示であると言えます。なぜなら、わざわざ法人設立費用を約30万円支払って事業をスタートさせるのですから、そうまでする理由があると言えるのです。事業を行えば必ず多くの課題にぶつかり、苦難を乗り越える必要があります。そのため事業の成功に対する「覚悟」がやはり重要になってきます。そうした覚悟が出来る事が一番の法人化のメリットであるとも言えます。

会社設立のデメリット1.赤字でも払わなければならない税金がある(ランニングコスト)

法人化すると、毎年税務申告を行う際に、たとえ赤字であっても支払わなければならない税金があります。それが法人住民税の均等割です。 毎年7万円はかかると考えておきましょう。 ・法人都道府県民税均等割 20,000円 ・法人市町村民税均等割 50,000円

2.社会保険への加入が義務づけられている

法人化すると、健康保険と厚生年金保険への加入が義務づけられます。 その際の保険料が国民健康保険と国民�

Source: http://www.1-kigyou.com/joint_flow.html

Leave a Replay

Submit Message