中国高速鉄道の「頓挫」が止まらない! ロサンゼルス・ラスベガス高速鉄道建設、合弁解消の理由が“いかにも” ⇒ 『日本に作ってもらおうぜ』

合弁 会社 設立 方法

中国高速鉄道の「頓挫」が止まらない! ロサンゼルス・ラスベガス高速鉄道建設、合弁解消の理由が“いかにも” ⇒ 『日本に作ってもらおうぜ』

詳細について 合弁 会社 設立 方法



創業時の融資の審査において、「法人形態」は重視されません。

株式会社、合同会社などの法人の種類よりも、むしろ代表者となるその人「個人」に重きが置かれます。

経歴、自己資金の額、事業計画力などですね。

日本政策金融公庫の融資の中でも代表的な「新規開業資金(新企業育成貸付)」を例に、合同会社設立時における資金調達のポイントをまとめてみました。

日本政策金融公庫のサイトには新規開業資金の利用者として、次の要件を挙げています。

1 現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方 (1)現在お勤めの企業に継続して6年以上お勤めの方 (2)現在お勤めの企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方 2 大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方 3 技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方 4 雇用の創出を伴う事業を始める方 5 1~4のいずれかを満たして事業を始めた方で事業開始後おおむね5年以内の方

中でも重要なのが1の業界経験年数です。

お金を貸す側としては、業界経験が豊富な人にお金を貸したいのは当たり前です。合同会社の代表者にあたる方の業界経験が6年以上必要となりますので、融資申請前に要チェックです。

そのほか、2~5については、具体的な要件に合致するかは公庫の担当者によりけりなところもありますので、事前に確認をするとよいでしょう。

公庫の担当者は、創業者がこれまでにどれだけコツコツとお金を貯めてきたかをチェックします。

事業に対する熱意を、「いかに資金を貯めてこれたか」で確認するわけですね。

どうやって「貯蓄額」と「コツコツ貯めてきた熱意」を確認するかといえば、「通帳」です。

現金で何百万円貯めていたとしても、自己資金として見てくれませんので、十分に注意してください。

公庫の担当者は、「見せ金」を嫌います。嫌うというより一発アウトです。

せっかく汗水垂らし苦労して貯めてきたお金も、現金で貯めていたという理由だけでNG。

一時的に誰かからお金を借りてきて、通帳にどかんと入金した場合との区別が付きませんからね。。担当者に信じてもらおうにもその手段がありません。

通常、貯金する場合は、毎月少しずつ貯めていきますよね。担当者はその履歴がみたいのです。最低でも半年から1年は貯金の履歴が分かるような通帳作りをしておく必要があります。

次に、自己資金要件ですが、目安として、総事業費の3分の1以上となっています。

以下に、日本政策金融公庫記載の自己資金の要件として掲載しているものを抜粋します。

<自己資金の要件> 事業開始前、または事業開始後で税務申告を終えていない場合は、創業時において創業資金総額の3分の1以上の自己資金(注)を確認できる方。※事業に使用される予定のない資金は、本要件における自己資金には含みません。

自己資金をコツコツと貯めてきましたと。公庫に証明できれば、融資成功の確率はぐっと高まります。

公庫の創業融資については、自己資金要件が10分の1まで緩和されましたが、10分の1程度の自己資金では、融資は難しいとされています。自己資金は多ければ多いほど、融資は下りやすくなるということです。

お金を貸す側からすれば、緻密な事業計画を立てているか否か。ここが一番気になるところです。

公庫は、借主が大儲けすることなど望んでいません。貸したお金に利息を付して、毎月滞り無く返済してくれることだけを望んでいます。

「こんなに儲かるんですよ!」などと息巻く必要もありません。大風呂敷を広げる必要もありません。

「毎月きちんと返済できるのか」を最重要視してるのですから、事業計画書に盛り込む数値目標は、「渋すぎる」くらいで良いのです。

例えば、飲食店の事業計画書の場合、月の売上が300万円、人件費など全てを差し引いた上での純利益が20万円という計画を立てたとします。

一日も休まず、30日間、一日平均10万円を売り上げる。一日の回転率は3。

創業月から1日も休むことなく働く事ができますか?天候はずっと晴れですか?毎日、回転率3という平均して数字を出せますか?

もちろん数字に関してはケースバイケースですし、規模にもよりますが、この例の場合の融資担当者からすれば「創業月から売上300万円も上がるわけがないよ。3回転も毎日できないよ」と思ってしまうわけです。

実際に成果を出す自信があっても、このケースでは、一日平均の売上を8万円程度にしておくのです。その上で、きちんと利益を出して、返済原資も確保ができている事業計画を立てるのです。

あと、キャッシュフロー計算書なども併せて作っておくと、公庫の担当者は安心してくれる可能性が高いです。

「売上や経費だけじゃなく、現金の流れまで考えているのだな」と好印象を与えることができます。

融資の成功率が上がるのは間違いないので、キャッシュフロー計算書と事業計画書はセットで考えていきましょう。

事業計画書やキャッシュフロー計算書は自分で作れるものなのでしょうか?

業界の経験・ノウハウ・技能には自信があっても、いざ、事業計画など具体的な数字となるとてんでダメだと言う人は多いのです。仕方ありませんよね。経営者として成長していくのはこれからなのですから。

前述の1(事業経験)と2(自己資金)はご自身でも何とかなる部分です(と言うより、何とかしないといけません^^;)。

ただ、事業計画書については、行政書士や税理士、中小企業診断士などの専門家の力を借りるのも一つの方法です。

専門家に大まかな事業計画を伝え、打ち合わせをしながら、融資可能性を高める事業計画書を作成していくのです。

当然、専門家報酬は発生しますが、融資成功の可能性を高め、かつ、融資額がアップする可能性もありますから、選択肢としては持っておいても良いでしょう。

以上が公庫の創業融資申請時のポイントになります。

なお、弊所では、資金調達に特化した専門家の紹介を無料で行っております。→絶対資金調達!公的融資ドットコム

また、専門家に頼らず自力で事業計画書を作りたいとお考えの方には、実際に融資がおりた事業計画書例を販売していますので、ご活用いただければと思います。→実際に融資のおりた事業計画書例24

経営者の強い味方。「ファクタリング」をご存じですか?

融資を断られても大丈夫。売掛金があれば最短即日でのつなぎ資金の調達が可能。 無担保・無保証。赤字決算でも債務超過でも構いません。資金繰りが改善するから金融機関の信用力もアップ!利用事業所数10,000社超。 売掛金を100万円以上お持ちで、事業用資金の調達を行うなら、まずは10秒カンタン無料診断。 100万円~3億円の事業資金を最短即日調達可能?【資金調達プロ】

融資を断られても大丈夫。売掛金があれば最短即日でのつなぎ資金の調達が可能。

無担保・無保証。赤字決算でも債務超過でも構いません。資金繰りが改善するから金融機関の信用力もアップ!利用事業所数10,000社超。

売掛金を100万円以上お持ちで、事業用資金の調達を行うなら、まずは10秒カンタン無料診断。

100万円~3億円の事業資金を最短即日調達可能?【資金調達プロ】

Source: http://www.llc-kobe.net/yusi/



Company registration in Thai (タイでの起業・進出)企業進出の足場としてタイが選ばれる理由をいくつか

  観光と農業で成り立っていたタイも今や昔で、日本企業をはじめとする外資企業の進出により、タイは「ASEANの工場」として大経済発展を遂げました。インフラが整備された工業団地の数々、サプライヤーからの部品調達の容易さ、労働賃金の低さから労働集約型の生産地として適していますし、資源・資材の輸入や輸出拠点としても好立地です。所得上昇による消費熱からタイ国内向け商売も悪くありません、タイ単体でのビジネスも良しです。

 Chaina Plus1と呼ばれて久しく、近年は高所得国への移行から、労働集約型産業から技術集約的な産業への転換への移行を図るため、2015年には近隣諸国からの非熟練労働者の受入れも緩和、ミャンマー、カンボジア、ラオスとの国境4県に経済特区を設け、「大メコン圏の中心国」「ASEANの先進国」としての法整備も進めています。ご周知のとおり、政治的な混乱やな洪水などが逆風となり景気減速も取り沙汰されたものの一過性にとどまり、今なお、魅力のある投資先として、タイは、選好され続けています。

ASEAN(東南アジア諸国連合)内、特に原6カ国(ブルネイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ)ではほぼ全品目関税自由化、対中国でも9割方については関税が撤廃されています(ASEAN・中国FTA (AC-FTA))。

増える在タイ日本人人口と起業気運の盛り上がりなど

 外務省が発表する平成25年度海外在留邦人数調査で、タイは、アメリカ、中国、オーストラリア、イギリス、カナダに次いで6番目に在留邦人数が多い国となっています。タイに在留届を出している人数は59,270人、うちバンコクには35,935 人と大集中、しかも狭いバンコクのなかでも日本人が好んで住む地域は限られているため、日本人相手の商売も充分に成り立ち、在住者レベルでの起業なども盛んです。

 なぜタイで起業される方が多いのか。それは、交通や通信のインフラが進んでいること、また、教育水準の割に人件費が安いこと、そして、国土の広さ(インフラや言葉の点だけ見ると東南アジアではシンガポールに軍配があがるでしょうが、タイはこの点恵まれています)、また上述したように、東南アジアあるいは対中国を相手とした事業展開を考えるならば重要なビジネス拠点として外せないという背景があるためでしょう。

 治安は、内紛が起きていますので、客観的に見れば悪いかもしれません。ただ、タイで身の危険を感じながら生活している人というのは、ほとんど居ないのではないでしょうか。多くのタイ人は親日感情を持っていますし、冒頭にも記したように数多くの日本人が住み、日本人のコミュニティがありますから、タイ人と交流なく生活をすることも可能です。論より証拠で、老後をタイで過ごそうと決めたロングステイヤーは毎年続々と増えています。

なぜタイなのか? 事業環境の良さ ビジネス環境が良い(税制、投資家保護制度、インフラ整備、行政手続き、地理の優位性、人口ボリューム、熟練労働者の存在、国民のほとんどが親日で対日感情がよい、仏教徒。) 日系企業の集積がある(数千社を超える日系企業が活動している) 居住環境の良さ 都市別に見た日本人在住数はロサンゼルス、ニューヨーク、上海に次ぎ、バンコクは第四位。駐在員家族も安心して生活、就学ができる。純粋に日本人のみを相手とした商売も可能。

 私もタイで起業した一人ですが、起業・進出のチャンスは日本にくらべて多く、また起業のハードル、準備すべき資本やランディングコストについては日本に比べ格段に低いように感じています。じっさいタイに住んでいますと、タイに駐在員として赴任したものの帰国を拒んだ方の「脱サラ起業話」や、日本を飛び出してタイ国内の企業に就職したものの法律の恩恵もなく経営者のいいように使われ、タイ人より少しいいくらいの給料に甘んじていた元現地採用者の方の「一念発起起業話」も、よく耳にします。成功譚あり、そして同じくらい、失敗(廃業)談ありです。そう、会社を作るのは難しいことではありません。大切なのは収益アイデア、ビジネスモデルなのは古今東西共通。ならば設立にかける労力を最小限にし、本業に注力してください。日系のコンサルタント会社に頼むと設立コストがもったいない? 見えないコスト・落とし穴のリスクはどうでしょうか。 サバイジャイコンサルティングでは日本人の方のタイでの会社設立を全力でバックアップ、設立後も応援、細大漏らさずお手伝いをいたします!

タイの経済指標 (http://www.tradingeconomics.com/thailand/indicators より転載)

タイでの会社設立について

  現在、本文を読んでいただいている方はタイで法人を作ることをお考えになっている方だと思います。それで、事前に何かしらタイでの会社設立についてお調べになった方も多いことだろうと思います。製造業でBOIを申請されたい方はこちらをご覧ください。やりたいことが製造業じゃない方は以下を読み進めてください。ここに、よくある質問であり、最大の要点を下記に述べます。進出・起業の際のフローチャート(下図)では一番最後になってしまいますが、形としては、現地法人の形を取った進出と起業が一番多いのが実態です。そして、この現地法人については合弁先が必要ということになってますが、これが大きな障害と感じる人が多いです。どうするか?ということについては、あまりおおっぴらには説明されません。手続き上は合法なのですが、タイの法律の趣旨と反するので、コンプライアンス的にはどうかという議論もありますので、多くの専門家も、奥歯にモノが挟まったようにハッキリと言わない/言いたがらない、半ば既成事実化しているが、あまり言わないことになっている内容です。

※タイにおける製造業の定義は、日本とは異なるので要注意。製造業とは「購入した原材料を元に、製品を大量に製造し、その製品を販売する業種」である。単なる組立や加工、修理、メンテナンス等を行うならばサービス業に分類される。OEM生産など、顧客からの注文を受けて行う委託加工については、サービス業。機械の設計製造や建築物の設計施工など、一点モノの特注品生産についても、製造業とはならず、請負業となる。なお、関連会社が製造した製品や部品を販売する事は小売または卸売業となる。

タイ現地法人(BOIの投資奨励業種でなく、外国人事業許可を取得せずに設立された法人)のルール

(1)資本金;外国人×200万バーツが必要(タイ人配偶者はこの限りに非ず)。     年次会計で、会社資産は100万バーツを維持する必要あり。 (2)外資の資本比率;最高49%まで(但し、製造業、BOI企業を除く)。 (3)タイ人の雇用;外国人×4人のタイ人雇用が必要(タイ人配偶者はこの限りに非ず)。

 外国人の法人登記とその後の必要手続に馴れていないタイローカルの法律事務所や不動産仲介会社では、(1)を知らなかったり、(2)は知っていても乗っ取り防止のアイデアを提案してくれなかったり、外国人のビザや労働許可のことをあらかじめ想定せず(3)を適当にやってしまうこともあるそうですが、まあ、タイですからよくある話です。また、現実的には、当初に200万バーツの資金が用意できていない、パートナーとなるタイ人が居ない、設立当初はまだ多くのタイ人スタッフを雇用したくないといった方でも、書類上のテクニックを駆使することで、設立自体は労なくできてしまいます。が、簡単に設立できるといっても肝心なの

Source: http://sabaijaicons.com/company.html

Leave a Replay

Submit Message