会社 設立 種類

合資 会社 設立 費用

実費63,000円で安く設立できます。

合資会社は組織変更登記で、株式会社にすることができます。 平成18年5月の会社法施行で、従来ではできなかった合資会社から株式会社への 組織変更が可能になりました。

�@社員全員の印鑑が必要 商号変更、本店移転、増資などをする場合には総社員の同意書が必要になり、ことあるたびに社員全員の印鑑が必要となります。代表社員以外の印鑑は認印でもかまいません。 �A社員は2人以上必要 2人以上の社員が必要です。株式会社なら1人でも設立できます。

合資会社では社員が無限責任社員なら、もしも会社が破綻した場合には社員が責任を負います。 これは大きなリスクなので、合資会社の最大のデメリットでしょう。 (とは言え、個人事業者も無限責任なので同じです。) 会社の破たん前に退社するとリスクを背負う責任はありませんが、万が一出資者ならば責任を負いますので、しっかりと調べておきましょう。

  �C社員選び(ここで言う社員は従業員ではありません。社員=共同経営者です。)

無限責任社員とは、社員全員で責任を負うということ。 倒産したら無制限で全社員が責任を問われます。 共同経営のようなものですから社員選びは慎重にしましょう。 少しでも信用できない方、経営が無茶な方は共同経営には向きません。 一人の行動で全社員が責任負いますから、絶対的に信頼のできる人を選びましょう。

法人の設立手続きは種類により異なりますが、下記の4段階です。  �@定款の作成  �A会社財産の形成  �B機関の選定  �C登記

<設立の流れ>   会社概要の決定・印鑑証明書のご用意     ↓   書類作成     ↓    押印     ↓    設立

<必要事項> 社員になる方(必ず2名以上) 全員の印鑑証明書 各1通

<合資会社の設立費用> 設立手数料0円 実費63,000円で安くてプロにお任せ! 実費  定款印紙  ※1       0円  定款認証 不要 登録免許税 ※2   60,000円 謄本・郵便等 3,000円  設立手数料  ※3       0円 合計 ※4    63,000円 その他費用 法人印作成(別料金) 4本セット約28,000円 (実印・銀行印・角印・住所印) 遠山事務所 のメリット 会社謄本・印鑑証明含む 公証役場・法務局提出含む 税務署と都税への届出含む 株式会社設立税務相談含む

Source: http://www.to-yama.com/kaisyaseturitu/gosiseturitu.html



動画を見ます 合資 会社 設立 費用

会社 設立 種類

詳細について 合資 会社 設立 費用

会社法では、合同会社(LLC)の他、合資会社と合名会社が持分会社として規定されています。

無限責任社員のみで構成される会社です。1名での設立も可能です。   合名会社の社員は、会社債権者に対して連帯して無限責任を負います。 これにより、合名会社の負債は社員個人の負債と同様に扱われます。 仮に合名会社が5000万円の借金をしたとすれば、合名会社のみならず、社員もこの借金の返済義務を負うことになるのです。 社員にはかなりのリスクが伴いますので、よほどのケースを除き、安易に合名会社を設立することは避けたほうがいいでしょう。 資本金の規制もなくなりましたし、今から小さな会社を起こしたい、という場合は合同会社(LLC)か株式会社にしたほうが賢明です。 株式会社における株主及び合同会社(LLC)の社員の出資の目的が金銭等に限られるのに対し、合名会社の社員は労務や信用をもって出資の目的とすることができます(つまり、金銭や財産を全く支出せずに社員となることが可能です)。

無限責任社員と有限責任社員で構成される会社です。最低でも無限責任社員1名、有限責任社員1名が必要ですので、2名以上でないと設立できません。   無限責任社員の性質は合名会社と同様であり、有限責任社員の性質は合同会社(LLC)と同様です。   合資会社においても、合名会社と同様に無限責任社員は過大なリスクを負います。 今から事業を起こすならば、LLP、合同会社(LLC)や株式会社を検討されたほうがいいでしょう。

 既存の合名会社や合資会社の社員となられている方へ 会社法の施行により、既存の合名会社や合資会社にとっても組織再編の選択肢が広まりました。社員のリスク軽減のためにも、是非検討してみてください。

株式会社への組織変更 会社法施行前の商法において、合名会社や合資会社は、株式会社に組織変更することができませんでした。 そのため、合名会社や合資会社がある程度大きくなり、株式会社として事業を展開したいという場合、別に株式会社を設立し、その株式会社がもとの合名会社(合資会社)を吸収合併するという迂遠な手続が取られることもありました。 しかし、会社法においては合名会社や合資会社から株式会社に組織変更することが可能になりました。 会社が成長してきたら、株式会社への組織変更を検討してみてください。 合同会社(LLC)への種類変更 会社法においては、総社員の同意をもって、合名会社や合資会社から合同会社(LLC)に種類を変更することも可能です。 まだ規模が小さいので株式会社にするまでもないが、社員のリスクは軽くしたいという場合、合同会社(LLC)への種類変更を検討してみてください。 

合名会社・合資会社の登記に関する費用は下記のとおりです。

会社設立についてもっと詳しく知りたい方はこちらへ 会社設立仙台.com

Source: http://www7a.biglobe.ne.jp/~shisho-kazu/goumeigousi.html

Leave a Replay

Submit Message