会社設立・法人化 「よく分かる!会社設立マニュアル」

株式 会社 設立 流れ

会社設立の流れの説明

詳細について 株式 会社 設立 流れ



実は、会社は作るよりも作ってからの方が大変です。

代表的なものでも「税務手続き」、事業に必要な「許認可の申請」 「売掛金の管理」 「運転資金の確保」など、様々な手続きやトラブルが発生します。

そのため、会社運営時こそ専門家のサポートが必要です。 ところが多くの場合は、会社設立代行だけで終わってしまいます。 なぜでしょうか?それは許可の申請など会社設立後の手続きの多くは、実際に足を運ぶ必要がある為、遠距離の専門家では対応出来ず、会社の設立代行だけで終わってしまうのです。

そこで当事務所では、会社設立後のサポートにこそ力を入れるべきと考え、福島県内の方に限定し、他の事務所にはない会社設立後に役立つ無料特典を準備致しました。

会社設立を滞りなく完了する事はもちろん、会社運営までトータルサポート致しますので、手続きの度に専門家を探したり、事務所を渡り歩く必要はありません。

福島県で会社設立をお考えになり、弊所サイトをご覧になっている皆様、どうぞお気軽にご相談下さい。

Source: http://kaisyasetsuritsu.jp/howto2



会社設立の流れ(手順)

■難しく思えるかもしれませんが、実はたいした事ありません。

 ここまで順番に読んで頂いた方は、例えば電子公告を採用すれば年間約6万円節約できること、 決算日に注意すると節税になることかが解ったと思いますが、では実際にはどうすれば良いか 説明します。まだ読んでいない方は最初から読むことをおススメします。=>会社設立する際に検討すべきこと  印紙代4万円を節約するために電子定款で設立する方法を紹介します。 もちろん年間6万円を節約するために 電子公告を利用したケースです。  なお当サイトの会社設立書類作成システムを利用した場合 も併記させていただきます。利用しない方にとってはうるさいかもしれませんが、 許してください。

 本店の所在地を管轄する法務局と 電子定款を認証する公証役場を探してください。沖縄県や青森県などは 電子定款対応の公証役場が1箇所しかないので、遠方になる方は交通費や所要時間を 考慮すると代行業者に頼む方が割安の場合もあります。

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

2.会社の基本情報を決めます。  会社の基本情報を決めます。 いわば設計といえる作業ですので、よく調査して決めましょう。 決めるべき事項は下の表のようになります。

[当サイトが運営する書類作成システムを利用しない方へ]  上記決定事項を決めるには、節税の本と会社設立の本を購入すれば、 問題なくできます。必要な箇所だけ読めば十分です。 特にTAC出版の2冊はお勧めです。価格は1,400円と2,000円です。 資格の予備校が出版しているだけあって解りやすいです。 会社設立方法 節税1

[当サイトが運営する書類作成システムを利用する方へ]  特に本を購入する必要はありません。 当サイトが運営する会社設立書類作成システムは、 小さな会社が設立時に注意すべき事項をやさしい言葉で解説しています。 従って思わぬ失敗をする事はないでしょう。

Source: http://www.w-jimu.com/

Leave a Replay

Submit Message