合同会社設立 必要書類

株式 会社 設立 書類

株式会社の設立を本やホームページで調べると必ず出てくる発起人。では発起人はどういう人を指すのでしょうか。また取締役とは何が違うのでしょうか。今回は分かるようで分かりにくい発起人と取締役について解説します。

1.会社設立時の発起人

発起人とは会社の設立を企画し、中心となって手続きをしていく人です。 発起人は1名以上で、必ず1株以上を引き受ける必要があります。 つまり発起人は必ず何円かは出資し株主となります(発起設立に限定して解説しています)。

(かなり簡単にいってしまうと、設立当初の株主となる人=発起人です)

発起人は「定款」認証や、会社の組織形態、取締役人事など会社設立にかかる全てのことを決定し企画していきます。

公証人による定款認証には印鑑証明書の提出が必要になるため、印鑑証明書が取得できない場合(未成年で15歳未満)には注意が必要です。

もっとも発起人になるための年齢制限はないため、未成年でも親権者の承諾をもって発起人としての行為は可能です。

発起人の仕事のなかで「会社法に従って組織を決定する」、「定款の認証を受ける」などは当事務所がサポートするためどんな難しい作業があるのかと心配する必要はありません。

発起人として気を配る点はいくつかかありますが、まずは発起人=設立時の株主 ですから持株比率に注意してください。

株式会社の意思決定機関は基本的に「株主総会」になります。そこでは持株数に応じた議決権が与えられます。

大まかにいって通常株主総会では議決権の過半数、特別�

Source: http://www.integrity.or.jp/kaisha-setsuritsu-touki-6/



動画を見ます 株式 会社 設立 書類

合同会社設立 必要書類

詳細について 株式 会社 設立 書類

はじめに

こんにちは、東京都港区の税理士法人インテグリティ、公認会計士・税理士の佐藤です。

公認会計士・税理士として、港区や渋谷区、新宿区といった東京23区の起業家様の会社設立をサポートしてきた経験から、会社設立時のポイントをお伝えしたいと思います。

今回は、会社設立の登記を申請する手続きとして、申請書類のひとつである「設立時発行株式に関する発起人の同意書」の書き方について説明します。

「設立時発行株式に関する発起人の同意書」が必要となる場合

「設立時発行株式に関する発起人の同意書」は、会社設立の登記申請において必ず作成しなければならない書類ではありません。

(発起人の氏名、住所及び引受株数) 第○条 起人の氏名、住所及び発起人が設立に際して引き受けた株式数並びに株式と引換えに払い込む金銭の額は、次のとおりである。 東京都港区北青山1丁目1番○号 発起人 港区一郎 普通株式 100株 金100万円 東京都渋谷区渋谷1丁目1番○号 発起人 渋谷区太郎 普通株式 100株 金100万円 東京都新宿区新宿1丁目1番○号 発起人 新宿区之助 普通株式 100株 金100万円

上記のような、「発起人が割当てを受けるべき株式数及び払い込むべき金額」の記載がある場合は、「設立時発行株式に関する発起人の同意書」の作成は必要ありません。

定款に、「発起人が割当てを受けるべき株式数及び払い込むべき金額」の記載がない場合は、「設立時発行株式に関する発起人の同意書」を作成する必要があります。

「設立時発行株式に関する発起人の同意書」の書き方

「設立時発行株式に関する発起人の同意書」の書き方、記載例は下記のようになります。

⑥ ㊞ ㊞ ㊞ 発起人の同意書 本日発起人全員の同意をもって、会社が設立の際に発行する株式に関する事項を次のように定める。   ①1 発起人港区一郎が割当てを受けるべき株式の数及び払い込むべき金額 株式会社ベンチャーコンサルティング 普通株式100株 株式と引換えに払い込む金額 金100万円   ①1 発起人渋谷区太郎が割当てを受けるべき株式の数及び払い込むべき金額 株式会社ベンチャーコンサルティング 普通株式100株 株式と引換えに払い込む金額 金100万円   ①1 発起人新宿区之助が割当てを受けるべき株式の数及び払い込むべき金額 株式会社ベンチャーコンサルティング 普通株式100株 株式と引換えに払い込む金額 金100万円   上記事項を証するため、発起人の全員が記名押印する。   ②平成○年○月○日   ③株式会社ベンチャーコンサルティング ④東京都港区北青山1丁目1番○号 発起人 港区一郎  ⑤ ㊞ ④東京都渋谷区渋谷1丁目1番○号 発起人 渋谷区太郎 ⑤ ㊞ ④東京都新宿区新宿1丁目1番○号 発起人 新宿区之助 ⑤ ㊞

「割り当てを受ける株式数」、「割り当てを受ける株式の種類」、「割り当てを受ける株式に対して払い込む金額」を、各

(発起人の氏名、住所及び引受株数)

第○条 起人の氏名、住所及び発起人が設立に際して引き受けた株式数並びに株式と引換えに払い込む金銭の額は、次のとおりである。

東京都港区北青山1丁目1番○号 発起人 港区一郎 普通株式 100株 金100万円

東京都渋谷区渋谷1丁目1番○号 発起人 渋谷区太郎 普通株式 100株 金100万円

東京都新宿区新宿1丁目1番○号 発起人 新宿区之助 普通株式 100株 金100万円

本日発起人全員の同意をもって、会社が設立の際に発行する株式に関する事項を次のように定める。

①1 発起人港区一郎が割当てを受けるべき株式の数及び払い込むべき金額

株式会社ベンチャーコンサルティング 普通株式100株 株式と引換えに払い込む金額 金100万円

①1 発起人渋谷区太郎が割当てを受けるべき株式の数及び払い込むべき金額

株式会社ベンチャーコンサルティング 普通株式100株 株式と引換えに払い込む金額 金100万円

①1 発起人新宿区之助が割当てを受けるべき株式の数及び払い込むべき金額

株式会社ベンチャーコンサルティング 普通株式100株 株式と引換えに払い込む金額 金100万円

上記事項を証するため、発起人の全員が記名押印する。

③株式会社ベンチャーコンサルティング

④東京都港区北青山1丁目1番○号 発起人 港区一郎  ⑤ ㊞

④東京都渋谷区渋谷1丁目1番○号 発起人 渋谷区太郎 ⑤ ㊞

④東京都新宿区新宿1丁目1番○号 発起人 新宿区之助 ⑤ ㊞

Source: http://yamashita-legal.com/cms/%e4%bc%9a%e7%a4%be%e8%a8%ad%e7%ab%8b/%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab%e3%81%ab%e8%a7%a3%e8%aa%ac%ef%bc%81%ef%bc%81%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e8%a8%ad%e7%ab%8b%e6%99%82%e3%81%ae%e7%99%ba%e8%b5%b7%e4%ba%ba%e3%81%a8%e5%8f%96/

Leave a Replay

Submit Message