投資の方法は2種類〜自分で運用することの大切さ【竹中亮祐】

株式 会社 設立 手順

  会社の登記事項に変更があった場合は、変更があった日から原則2週間以内に変更登記をする必要があります。変更登記を怠りますと懈怠による過料が科せられる場合がありますので、速やかに登記することをお勧めいたします。

会社設立後の変更登記もひとりでできるもんにお任せください。

ひとりでできるもんではインターネット上で、必要事項を順番に入力するだけで、定款変更登記に必要な書類が作成できます。また、様々な変更が同時に申請できます。

ご利用方法は(1)入力→(2)印刷→(3)押印して法務局に提出するだけです。

会社設立時に作成した電子定款は「原始定款」となりますので、その定款自体を書き換えるのが定款変更ではありません。定款変更とは取締役会や株主総会で定款の変更を決定することを言います。その変更した箇所が、登記事項の場合は法務局への変更登記が必要になります。 ※行政書士や司法書士は必要ありません。 ※公証役場での定款認証は不要です。

株式会社・有限会社の定款変更 ▲このページのTOP

商号変更登記 会社名(商号)の変更 費用:5,400円(税込)+登録免許税3万円(ネ) 目的変更登記 事業目的の変更 費用:5,400円(税込)+登録免許税3万円(ネ) 本店移転登記(同管轄) 法務局の管轄内で、本店を移転した場合 費用:5,400円(税込)+登録免許税3万円 本店移転登記(管轄外) 法務局の管轄外に、本店を移転した場合 費用:7,560円(税込)+登録免許税6万円 役員の住所・氏名変更登記 代表取締役の引越・結婚等による改名 ※取締役・監査役の結婚等による改名にも対応! 費用:3,240円(税込)+登録免許税1万円 但し、住居表示の実施単体による場合は登録免許税はかかりません。(必ず事前に行政に確認ください。) ※結婚等による改名や、引越等の住所変更の手続き 役員変更登記 役員の増員(就任)・減員(辞任・死亡)に対応 ※役員=代表取締役・取締役・監査役 任期満了による退任・重任も対応しております。 ※本システムでは、役員の解任はできません。 費用:7,560(税込)+登録免許税1万円 ※資本金1億円超の法人は登録免許税3万円 ※取締役の人数に関係なく同料金です。 ※取締役会・監査役の設置・廃止は別途費用 増資(第三者割当) 費用:10,800円(税込)+登録免許税3万円又は増資額の1000分の7の高い方 500万円以下の現物出資に対応! DES(デットエクイティスワップ)に対応! 社長の会社への貸付金を現物出資・可能です。 ※資本準備金にも対応しています。 ※現在の株主による増資も可能! 取締役会の設置・廃止 費用:5,400円(税込)+登録免許税3万円+3万円(ネ) 設置・廃止共に、株式譲渡制限の変更が必要となり、登録免許税3万円(ネ)が加算されます。 設置の場合:監査役非設置会社は、別途監査役の設置と役員変更も必要となります。 監査役の設置・廃止 費用:3,240円(税込)+登録免許税3万円(ネ) 設置の場合:別途役員変更も必要です。(監査役1名が就任となる為) 廃止の場合:廃止の登録免許税は役員変更分の登録免許税(通常1万円)も加算されます。取締役会設置会社の場合は、別途取締役会の廃止が必要です。 支店設置 費用:7,560円(税込)+登録免許税6万円 支店が管轄外の場合、登録免許税9千円(管轄毎)+300円(管轄毎)が別途必要 支店移転 費用:7,560(税込)+登録免許税3万円 支店が管轄外の場合、登録免許税9千円(管轄毎)+300円(管轄毎)が別途必要 支店廃止 費用:5,400(税込)+登録免許税3万円(ネ) 支店が管轄外の場合、登録免許税9千円(管轄毎)+300円(管轄毎)が別途必要 株式譲渡の承認方法変更 費用:3,240円(税込)+登録免許税3万円(ネ) ※取締役会の設置・廃止による変更は、システム費用無料(登録免許税はかかります。) 発行可能株式総数の変更 費用:3,240円(税込)+登録免許税3万円(ネ) 株券発行の廃止 費用:5,400円(税込)+登録免許税3万円(ネ) 旧商法時代の会社で実際に株券を発行していない会社のみ対応!詳細はお問い合わせください。 株式会社・有限会社、その他変更登記 ▲このページのTOP 有限会社から株式会社への 商号変更登記 費用:12,960円(税込)+登録免許税6万円~ 変更と同時に増資もできます。増資する場合は登録免許税が増額になる場合がございます。 ■同時にできること 商号変更・目的変更・役員変更・取締役会の設置・監査役の設置・譲渡制限の承認方法・発行可能株式総数など(本店移転・支店設置・支店廃止以外の殆どの変更登記ができます。) 解散・清

Source: http://www.kaishasetsuritsu.biz/chishiki/tejun.html



動画を見ます 株式 会社 設立 手順

【会社設立をご検討の方へ】株式会社と合同会社の比較①〜目的別に見た会社設立〜:司法書士丹下事務所

詳細について 株式 会社 設立 手順

会社設立手順を詳しく解説

アーク行政書士事務所の加川と申します。これから、会社設立の手続きについてご説明いたします。

なるべく分かりやすくご説明いたしますので、最後までお読みください。

会社を設立するには次のような手続きが必要です

会社 設立するにはどのような手順を踏み、手続きをすればよいのか。

大部分の方々は、初めて会社設立をされる方がほとんどで、何から手をつけていいのか悩んでいらっしゃることと思います。ここでは会社設立 手順についてご説明いたしますので、今後、会社設立をなさる際の参考になさってください。

会社設立の手順

会社設立の手続きには「公証役場」と「法務局」という役所が関係します。会社は、最終的に法務局で登記申請をすることで法的に成立します。

では、会社設立の手続きについてご説明いたします。

■STEP1  会社の基本事項の検討

検討するのは下記のような事項です。

なお、類似商号については、かつては類似商号調査などを行いましたが、商法の改正により規制が撤廃されました。

ですから、同一市町村内に同一住所の会社を設立するとか、「ソニー」、「トヨタ」のように世界的に有名な社名を使わない限り、それほど気にしなくてもよいでしょう。

会社を設立すると、数多くの書類に押印する機会が増えます。会社を運営していくためには会社の印鑑が必要になります。

また法務局に定款を提出する際に印鑑が必要となりますから、印鑑を発注する前に必ず納期を確認しましょう。

会社設立の手続きをするうえで印鑑は非常に重要なポイントとなります。

会社に必要な印鑑は以下の3種類です。会社銀行印は会社代表印でも代用できますが、防犯の面から考えて別に作る方がほとんどです。

会社代表印=法務局に登録し、会社の実印として使用します。

会社銀行印=会社として銀行の口座を開設したり、銀行とのやりとりをする際に使用します。

会社角印=領収書、請求書、契約書など会社の実務に使用します。

定款とは、会社経営に関する基本事項を定めた規約のことをいいます。「会社の憲法」「会社のルールブック」とも言われます。 会社の商号、本店、目的以外で決めなくてはならない事項を決めていき、これから会社の運営をしていく上での基本的なルールである定款を作成します。

●「絶対的記載事項」=必ず記載しなければならない事項

●「相対的記載事項」記載することで効力を発するようになる事項

●「任意的記載事項」記載することがその会社の任意とされている事項

1部は原始定款として公証人の認証を受けるために、1部は設立登記申請時に登記所に提出するために、1部は会社保管用として必要になります。

ただし電子定款の場合は1部でだいじょうぶです。

また定款には、発起人全員の記名・押印が必要です。

※電子定款を利用する場合は若干異なります。

作成した定款は公証人役場で認証を受けることで、はじめて法的な効力を持つことになります。

本店所在地のある都道府県内の公証人役場で認証の手続をしなければなりません。

定款の認証は、会社設立の手続きの中でも非常に重要な項目となります。

発起人が複数居る場合、全員が出向いて認証の手続きを行いますが、揃わない時は欠席者の委任状の他に代理人の実印・印鑑証明が必要です。

発起人全員が出向く場合に必要なものは以下の通りです。

定款認証が済みましたら、出資金を会社を設立する発起人の口座(金融機関)に振り込みます。公証人の認証前に振り込んだお金は、資本金とはみなしてくれませんので注意が必要です。

ここまで手順を踏めば、あとは登記所で設立登記申請するだけです。

登記申請は、取締役・監査役の調査が終了してから2週間以内に行う必要があります。

登記申請は難しいことはなく誰でもできますが、以下の必要な書類をそろえ、漏れがないようにしましょう。書類に不足や不備がなく受理されれば、この日が会社設立日になります。

③定款(公証役場で認証済みの謄本)

④発起人決定書または発起人会議事録

登記申請後の諸手続きについて

無事に会社が設立できましたら、関係官公庁への様々な手続きを行わなければなりません。

届出先としては次の役所(官公庁)があります。

いかがでしたでしょうか。会社設立 手順の手続きの多さにびっくりされたかと思います。

ご自分で一から手続きを進めていらっしゃるのもとてもよい経験だと思います。

しかしお時間のない方は当事務所に会社設立をおまかせください。会社設立までの手続きのわずらわしさをかなりの部分、解消させていただけることと自負しております。

細心の注意を払って効率よく会社設立をサポートさせていただきますので、お客様は最小限の労力で会社を設立することができます。

次の中から、お客様がお知りになりたい項目をクリックしてください。

・会社を設立するために用意するもの

・会社設立用書類作成代行センタートップページへ

長い文章をお読みいただきありがとうございました。

あなた様の会社設立を強力にサポートさせていただきますのでよろしくお願いします。

不明な点はお気軽にお問い合わせください。

Source: https://www.hitodeki.com/htdk/change.php

Leave a Replay

Submit Message