株式会社の設立にかかる費用はどのくらいか?春日井市、小牧市対応、なごみ起業サポートセンター

株式 会社 設立 費用

起業するにあたり、株式会社設立登記はたんに準備段階であるに過ぎず、大切なのはその後の会社経営であるのは当然です。

司法書士は、会社登記(商業登記)および会社法の双方に精通している法律専門家です。とくに、千葉県松戸市の高島司法書士事務所では、中小企業、零細事業者への法務サポートに力を入れており、地元である松戸市、柏市をはじめとした近隣の企業経営者の方から多数のご相談をいただいております。

会社設立登記を費用だけで比較すれば、もっと安く手続きを請け負っている士業事務所(行政書士、税理士など)もあるでしょう。けれども、会社創立当初から、会社登記だけでなく企業経営に関する様々な法律問題について、気軽に相談できる司法書士がいることは、経営者様にとってきっと大きな力になります。身近な街の法律家である、司法書士へぜひご相談ください。

1.司法書士に株式会社設立手続を頼むメリット

1-1.会社設立費用の実費が節約できます

1-2.司法書士は会社法、商業登記の専門家です

3.株式会社設立のためにご用意いただくもの

6.お問い合わせ・ご相談予約について

司法書士に株式会社設立の手続を依頼すれば、公証役場での定款認証、法務局での登記申請など全ての手続をお任せいただけます。また、定款の電子認証を行うことで、会社設立手続にかかる実費(収入印紙代)を節約できます。

具体的には、一般の方がご自分で株式会社を設立する際には、定款認証で約9万円、登記申請で15万円の最低約24万円が実費としてかかります。これが、司法書士に依頼した場合、定款認証の収入印紙4万円が節約できるのです。

高島司法書士事務所では、株式会社設立登記手続の司法書士報酬は8万6,400円をいただいております(最低価格の場合)。しかし、司法書士に依頼することで実費の4万円を節約できるので、実質的には5万円弱の追加負担により、商業登記および会社法の専門家である司法書士に、安心して会社設立手続を任せることができるのです。

※ 定款原本を紙で作成した場合、収入印紙40,000円を貼る必要があります。けれども、司法書士は定款を電子データとして作成するので収入印紙が不要となります。定款認証費用の内訳などについて詳しくは、株式会社設立の定款認証費用をご覧ください。

※ 登録免許税は資本金の額の1000分の7で、この額が150,000円に満たない場合は150,000円です。

司法書士は会社の登記(商業登記)および会社法の双方に精通している専門家です。設立時から司法書士に依頼することで、間違いの無い登記が出来るだけでなく、その後の企業運営において直面するであろう法律問題についてご相談いただけるのも大きな利点です。

以前は株式会社を作るには最低1,000万円の資本金を用意し、取締役3名以上による取締役会と監査役1名を置く必要がありました。それが、平成18年5月に施行された会社法により、最低資本金の制限が無くなり、取締役が1名でも良くなったことで、株式会社の設立はかつてより大幅に容易になっています。登記に必要な費用(定款認証費用、登録免許税)さえ用意できれば、誰の協力を得ることなしに1人でも会社が設立できるわけです。

この法改正に伴い、新たに有限会社を設立することができなくなっているのですが、これは株式会社という枠組みの中に、従来の株式会社と有限会社の双方が組み込まれたと考えると理解しやすいでしょう。つまり、株式会社と一口にいっても、取締役1名の小さな会社から、多数の役員がいる上場企業まで多様な形態があるわけです。

そこで、株式会社を設立する際にも、取締役会・監査役を置くのか、資本金をどうするのか、会社の目的をどう定めるのかなど、事前に検討すべきこ

Source: https://www.kaike1.com/company/procedure-c/aftercost-1683



動画を見ます 株式 会社 設立 費用

株式会社の設立にかかる費用はどのくらいか?春日井市、小牧市対応、なごみ起業サポートセンター

詳細について 株式 会社 設立 費用

投稿 2014/07/23 編集 2015/02/18 会社設立後にかかる費用|Q.会社設立をするにはいくら資金が必要か? ツイート 会社設立を検討している方にとっては、資金をいくら用意しなければならないのかということは、非常に気になりますよね。 会社を設立するためにかかる費用は、大まかに「設立登記にかかる費用」と、「設立後の会社作りにかかる費用」に分けられます。 設立登記にかかる費用として、株式会社の場合は約25万円、合同会社の場合は約10万円程度必要になります。 しかし設立後の費用というのは、営む会社によって用意すべきものが異なるため、簡単に予測することは難しいといえます。 社員3名の会社を設立した場合、設立後の会社作りにかかる費用として200万円用意しておくべきでしょう。 下記にてその内訳を含め、「設立後にかかる費用」として、基本的な会社づくりに必要なものを揃えるための資金をご説明します。 [関連項目]会社設立費用のシュミレーション 会社設立後の手続き費用 会社作りにかかる費用 会社設立費用シュミレーション例  

1.会社設立後にかかる費用

会社を立ち上げるための準備はたくさんのことを行わなければいけません。

会社作りには手続きの他にも、実際にオフィスとしてスタートするための準備も必要になってきます。

①会社設立後の手続き費用

会社設立登記後、さまざまな場所で手続きを行わなければいけません。税務署、県税事務所、年金事務所、労働基準監督署、ハローワークなどに必要な書類を提出します。

もちろんご自身で提出することも可能ですが、それぞれ記入する書類も異なりますので、専門家に依頼するという方も多くいらっしゃいます。

1.税理士費用

税務署と県税事務所にて、法人設立届などの提出を行います。

書類の作成依頼として、依頼料を支払う必要がありますが、一般的に会社設立登記を任せたその延長として依頼する場合や、顧問税理士に依頼するケースが多いでしょう。

そのため、書類作成分として依頼料をもらわなかったり、5,000円前後の依頼料を支払う必要がある場合など、税理士によって様々になります。

2.社会保険労務士費用

年金事務所、労働基準監督署、ハローワークにて手続きを行います。(従業員を雇用していない場合は、年金事務所での手続きのみで大丈夫です。)

それぞれ提出する書類が異なり、一般的に手続き依頼をする場合、顧問料として2~5万円程度、一箇所で手続きするにつき支払うことになります。

②会社作りにかかる費用

会社を作り、オフィスを開く場合、用意しな�

会社設立を検討している方にとっては、資金をいくら用意しなければならないのかということは、非常に気になりますよね。

会社を設立するためにかかる費用は、大まかに「設立登記にかかる費用」と、「設立後の会社作りにかかる費用」に分けられます。

設立登記にかかる費用として、株式会社の場合は約25万円、合同会社の場合は約10万円程度必要になります。

しかし設立後の費用というのは、営む会社によって用意すべきものが異なるため、簡単に予測することは難しいといえます。

社員3名の会社を設立した場合、設立後の会社作りにかかる費用として200万円用意しておくべきでしょう。

下記にてその内訳を含め、「設立後にかかる費用」として、基本的な会社づくりに必要なものを揃えるための資金をご説明します。

Source: https://www.shihou-shoshi.com/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%83%BB%E6%B3%95%E4%BA%BA%E7%99%BB%E8%A8%98/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E8%A8%AD%E7%AB%8B%E7%99%BB%E8%A8%98/

Leave a Replay

Submit Message