株式会社を設立するまでの流れについて岐阜県対応のなごみ起業サポートセンターが解説

株式 会社 設立 の 流れ

会社法 > 会社法入門 > 会社設立 > 会社設立の流れ

会社設立の流れ

会社法 第2編株式会社・第1章設立は、 株式会社設立のルールを定めています。

ではまず、株式会社設立の大まかな流れを確認しておきましょう。

1.発起人

会社設立の手続を進めるのは「発起人」です。

発起人に資格などの制限はありませんが、 定款に署名、記名・押印し、1株以上引き受けなければなりません。

2.定款の作成

発起人はまず、定款(設立する会社の運営ルールを文書化したもの)の作成をします。

定款には、必ず記載しなければならない事項(絶対的記載事項)や 決定した場合は記載しなければならない事項(相対的記載事項)があります。

⇒「絶対的記載事項」 ⇒「相対的記載事項」

株式発行事項(株式の種類・数、払い込む金額など)は、 発起人の全員の同意で決めなければなりません。

そして、定款は「公証人の認証」を受けなければなりません。

3.株式引受、調査、創立総会

定款の認証を受けたら  ①発起人による株式引受・出資  ②設立時役員等の選任  ③変態設立事項の検査役の調査 を行います。

株式会社の設立には「発起設立」と「募集設立」の2つがありますが、 発起人以外に株式引受人を募集する「募集設立」の場合は、

 ④株式引受人の募集、割当て、出資  ⑤創立総会の開催

を行います。 (発起設立では④⑤は不要です。)

⇒「発起人の株式引受」 ⇒「募集設立」

4.設立登記

これらの手続き後、会社設立の登記を行います。

登記により、会社は成立することとなります。

なお、設立手続に欠陥があった場合、 株主、取締役などは「設立無効の訴え」を行うことができます。

ページ案内

 ★会社設立の流れ 現在のページ  ★発起人  ★定款とは  ★絶対的記載事項  ★相対的記載事項  ★株式発行事項  ★発起人の株式引受  ★募集設立  ★設立登記  ★設立無効の訴え

第2編 株式会社  第1章 設立 第1節 総則 第2節 定款の作成 第3節 出資 第4節 設立時役員等の選任及び解任 第5節 設立時取締役等による調査 第6節 設立時代表取締役等の選定等 第7節 株式会社の成立 第8節 発起人等の責任等 第9節 募集による設立

Source: http://www.kaisyakigyou.com/seturitu/kabu1.html



動画を見ます 株式 会社 設立 の 流れ

株式会社を設立するまでの流れについて岐阜県対応のなごみ起業サポートセンターが解説

詳細について 株式 会社 設立 の 流れ

会社名、事業目的、資本金、役員、事業年度、本店所在地、公告方法などの会社の基本事項を決定します。

類似商号調査と事業目的の適格性の確認

本店所在地の近くに同じようなお名前の会社が無いかどうか、会社の事業目的が適正なものになっているかどうかを法務局で確認します(新会社法の施行により、類似商号調査の必要は無くなったと言われておりますが、行ったほうが無難です)。

商号(会社名)が確定したら会社の実印となる印鑑を発注しておきます。

(弊社でも作成可能です。会社印鑑作成サービスはこちら)

最初に決定した会社概要から定款を作成します。

作成した定款を公証役場で認証してもらいます。

定款認証が終わった後に、出資者のうち一人を代表者にして、その方の個人口座に各出資者が資本金を払い込みます。

就任承諾書や各種決議書、登記申請書などの書類を作成します。

法務局へ登記申請した日が「会社の設立日」となります。

Source: http://home.lifeplan-japan.net/index.php?%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E8%A8%AD%E7%AB%8B%E3%81%AE%E6%B5%81%E3%82%8C

Leave a Replay

Submit Message