【節税対策 車購入】高級車購入(ベンツ・BMW・)税金対策は?

税金 対策 会社 設立

【節税対策 車購入】高級車購入(ベンツ・BMW・)税金対策は?

詳細について 税金 対策 会社 設立



法人税は、1年間の決算で利益が出ると発生しますが、節税対策は初年度からしっかり行ったほうがお得です。 まずは、起業の流れに沿って1年間で出来る節税策をみていきましょう。

1.起業の時に使える便利な費用は?

会社設立の時に発生する費用として、 ・創立費:会社設立までにかかった費用 ・開業費:会社設立後から営業開始までにかかった費用 ・開発費:新たな技術、新たな経営組織の採用、資源の開発、市場の開拓又は新たな事業の開始のために特別に支出する費用 という3つがあります これらは、繰延資産として、税務上、任意償却が認められているので、設立時に全額償却できます。 また、繰延資産として翌期に繰越し、設立から5年以内に黒字化した時に、費用化することもできます。 そのためには、起業を決めたら、こまめに領収書を保管しておくようにしてください。

2.オフィスをどこにする?

会社を設立した時に最初に決めなければならないことの一つは、オフィスですが、最初のうちは、自宅をオフィスにすると、資金を節約できます。 その場合は、会社から賃料をとってもとらなくても構いませんが、賃料を取れば会社の損金となり節税となりますが、賃貸借契約を締結し、実際に資金を移動することが必要です。 一方、会社からの賃料収入は個人の不動産所得となりますので、個人での所得税が発生しする場合があります。 一方、経費とするには ・自宅を借りている場合、賃借料の一部を経費とする。 ・持家の場合は、建物の減価償却費や固定資産税、火災保険料、住宅ローンの利息など のうちオフィス分を面積などで按分し、経費とする。 という2つの場合があります。 なお、賃料収入から経費を差し引いた不動産所得が20万円以下であれば、確定申告をしなくてもいいことになり、個人でも節税になる場合があります。

3.設備や備品は、中古にしよう!

スタート時は、機械や備品、店舗設備、自動車など、様々な設備投資にもお金がかかります。 そこで、資金面・税務面でも有効なのは、中古資産を利用することです。 中古資産は、新品よりも安く、税制面でも中古資産の耐用年数は、 「法定耐用年数の残存年数+経過年数×0.2」 となりますので、新品よりも短い期間で減価償却ができます。 例えば、自動車の法定耐用年数は6年ですが、3年走った自動車を中古で買った場合は、わずか3年で償却できます。

4.一番の節税、役員報酬

役員報酬は、まとまった金額を自分の裁量で決めることができるので、やはり節税のキーとなります。さらに家族を役員とすれば、節税の余地が広がります。 ただし、役員報酬は、期首から3カ月目以内に決めなければならず、その後、基本的には1年間変更ができません。 そのため、起業をした時は正確な1年間の売上を見通せないので、予想以上の売上となってもいいように、役員報酬を少し多めに決めておくのも一つの方法です。

5.まだ間に合う、決算直前の節税策

起業から1年、業績も好調で予想外の利益が出そうな時に、決算前でも間に合う節税策があります。 1)お金のかからない節税策 まずは、お金が流出しない節税対策です。 期末に未払になっている費用、例えば、 ・締め後の従業員の給料 ・社会保険料 ・固定資産税 などは、帳簿上で未払費用を計上すれば、費用を増やせます。 2)一年分を前払い 次に、一定のサービスを受けるような費用、例えば、 ・家賃 ・保険料 ・利息 などは、期末に1年分を前払いすれば、全額損金に出来ます。 家賃など、大家さんの承諾が必要ですが、自宅をオフィスにしている場合は、スムーズに1年分の家賃を前払いすることも可能です。 3)節税しながら、やる気向上! 1年間頑張ってくれた従業員へ、決算賞与を支払うことで、モチベーションをアップしながら節税ができますね。 しかしそのためには、 ・決算日までに、決算賞与の支給額を全員に知らせていること ・決算日から1ヵ月以内に全て支払っていること ・決算で未払計上していること が必要ですし、役員は含まれないので注意してください。 このように、決算直前でもいろいろな節税対策を打てるのですが、そのためには、ある程度正確な月次決算を、毎月早めに行える体制が必要です。

6.法人税、一体、どれくらいかかるのか?

起業して1年、無事、黒字となれば法人税を支払いますが、正確には法人税の他に、事業税と住民税を、決算から2か月以内に国や地方公共団体に申告・納税します。 それぞれの税金の具体的な税率は、課税所得(税務上の利益)に応じて異なりますが、 大体、課税所得800万円以下で、実効税率が約40%から約25%へ低くなっています。 ただし、 ・事業計画などを作る時や、 ・大体どのくらいの税金がかかるか考える時には、 余裕を見て利益の4割が法人税になると覚えておけば十分か�

Source: http://www.dreamgate.gr.jp/knowhow/setsuzei_knowhow_detail/id=2147



現在アパートをいくつか所有しており、将来の相続税負担が心配です。妻と子供2人(いずれも成人)といった家族構成なのですが、アパートの相続対策として有効な方法はないでしょうか?

収益を生み出すアパートをいくつか所有しているということでしたら、相続税と所得税の両方の節税対策として有効な不動産管理会社を設立して、この管理会社で不動産を運営していくという方法はいかがでしょうか。以下は、不動産管理会社がなぜ相続税対策上有効になるのかについての説明です。(所得税節税上の効果についてはこちらからご覧ください)

効果�@ 個人で所有する相続財産を不動産管理会社へ移転することで減らすことができる

効果�A 土地の相続税評価額の引下げ効果

効果�B 金融資産の生前贈与という側面

効果�@ 個人で所有する相続財産を不動産管理会社へ移転することで減らすことができる

ここで紹介する不動産管理会社の形態は、個人の収益を生む不動産(アパート)を法人へ移転し、法人側で運営していく方法です。この方法では名義をオーナー個人から法人へ変更しますので個人で所有する相続財産は当然のことながら減少します。相続財産が減少すれば税金課税の対象からも同じく除外されますのでその分だけ相続税が減少します。 相続財産が移転すると言うと、あたかもなくなってしまうかのように感じますが、不動産管理会社は、同族関係者(家族)で経営しますので他人の手に渡るということではありません。また、法人に移すことで各相続人個々人へ相続する財産がなくなってしまうのではと不安になりますが、それは効果�Bにより解決されます。

効果�A 土地の相続税評価額引下げ効果

不動産管理会社へ移転する建物がある敷地については、法人への賃貸借契約とすることにより通常の相続税評価額よりも減額されます。その減額割合は、前述した土地の無償返還に関する届出書提出により20%減となります。つまり、例えば土地の相続税評価額が更地の場合、6000万円だった場合、その上物である収益物件を不動産へ移転されることで4800万円まで評価額が引下がります。つまり土地を多く所有しているオーナーであれば、更地よりも上物を他人へ賃貸している土地の方が相続税が減少しますので、法人側で相続対策として新たに収益物件を更地へ建築することも効果的だと言えます。(この場合、土地の固定資産税も減少します)

効果�B 金融資産の生前贈与という側面

相続対策としての効果最後の一つは、法人で家族を役員とし、役員給与を支給することで得られる現金にあります。法人へ移転する収益物件を直接相続人へ相続できない代わりに、役員給与という現金に相続財産を置き換えて生前贈与の形をとることが可能となるのです。通常、現金等の金融資産を生前贈与しようと考えた場合は、非課税枠110万円(年額)を利用して数年間に分けて贈与する方法が一般的です。 ところが、この不動産管理会社の方法では、役員給与という形式で、非課税枠110万円/年にとらわれることなく金融資産の事実上の移転が可能となるのです。役員給与は不動産収入が得られる間、支給が可能ですので、仮にオーナーが死亡後も継続的に相続人へ金融資産を相続することができることになります。

法人設立時の初期費用の問題や税務上の留意点について

ここまで、不動産管理会社のメリットについてみてきましたが、本手法については、会社設立に際して必要となる費用が高額になることや、法人へ個人資産を売却する際の金額設定、借地権(地代設定)の問題など、法人設立後注意すべき点もあることから、現在と将来の収支バランスをしっかりと試算し、さらに税務上の問題点をクリアにしながら行わなければなりません。

当事務所では、法人へ移転した場合とで所得税・法人税の試算をしたうえで有利不利の判断を行い、初期費用が何年で回収できるのかを試算いたします。 また法人を設立ご希望のお客様に対しては、設立後の顧問契約を前提として、司法書士の紹介や各税務署関係の届出作成等の支援も可能です。アパート等を多く所有し、税負担についてお困りのお客様は是非一度当事務所までご相談ください。

Source: http://www.okinawa-souzoku.jp/article/15094010.html

Leave a Replay

Submit Message