会社設立の流れの説明

設立 会社

創業融資トップ>会社設立>業種別会社設立のポイント>人材派遣業の会社設立ポイント>人材派遣業の資本金

人材派遣業の資本金人材派遣業の資本金はいくらにすべきでしょうか?

人材派遣業の資本金は、少なくとも2,000万円以上が必要です。 一般労働者派遣事業を許可してもらうには、”財産的基礎に係る要件(資産要件)”という基準をクリアする必要があります。 この”財産的基礎に係る要件(資産要件)”には、(1)「基準資産額に係る要件」と(2)「現金・預金の額に係る要件」があります。 (1)「基準資産額に係る要件」 「2,000万円×事業所数」 (2)「現金・預金の額に係る要件」 「1,500万円×事業所数」

基準資産額=資産額-負債額です・ 会社設立したばかりの新設法人には、負債がありませんので、資本金の額が、そのまま基準資産額になります。

人材派遣業の会社設立の関連項目

人材派遣業の開業創業融資ポイント 人材派遣業の税務のポイント

お仕事帰りの夜間も打ち合わせ対応可能です。

人材派遣会社設立関連項目

会社設立メリット・デメリット 会社設立流れ 会社設立費用 会社設立必要書類 地域別会社設立 業種別会社設立のポイント 会社設立1日

創業融資トップ>会社設立>業種別会社設立のポイント>人材派遣業の会社設立ポイント>人材派遣業の資本金

Source: http://sogyoyushi.com/index.php?%E4%BA%BA%E6%9D%90%E6%B4%BE%E9%81%A3%E6%A5%AD%E3%81%AE%E8%B3%87%E6%9C%AC%E9%87%91



動画を見ます 設立 会社

会社設立の流れの説明

詳細について 設立 会社

会社の種類

現在、日本の会社には「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」の4種類があります※。 この4種類のうち「合名会社」「合資会社」は現在作る人はまずいないといっていい状態のため無視します。 ※以前は有限会社もありましたが、2006年5月に廃止され、新たに作ることはできなくなりました。 残る2つのうち、圧倒的にメジャーなのが株式会社です。誤解を恐れずに言うと、会社設立=株式会社というイメージすらあるのではないでしょうか。 「会社をつくりたい」という方の多くは、株式会社を設立することになると思います。 また、もう一つの有力な選択肢が合同会社です。これは2006年5月に出来た新しいタイプの会社です。 設立費用が株式会社よりも安いことや、利益分配が柔軟にできることから、少人数での起業に適しているとされており、近年設立が増加しています。 以下に株式会社と比較した特徴をまとめました。

会社設立にかかる費用

必要な費用を表にまとめました。専門用語が並んでますが、気にせず金額だけ見て下さい。 「紙の定款の場合」と「電子定款の場合」とで金額が変わっていますが、当サイトでは安い電子定款を使うやり方を解説していきます。

 ※株式会社、合同会社とも他に定款や登記簿の謄本等で数千円がかかります。

説明を読んで、株式会社または合同会社をつくることを決意されたという方は、ご自身に合った会社設立を行っていただくためにも、設立の手続きに入る前に 「会社設立「自分でやる」VS「専門家に依頼」どちらがおトクなの?」へと進んでください。

会社設立「自分でやる」VS「専門家に依頼」どちらがおトクなの?へと進む

Source: http://kaisya-tsukuro.net/cost.html

Leave a Replay

Submit Message