会社設立・法人化(法人成り)による節税メリット~所得控除~【東京都港区の税理士が解説】

法人 設立 メリット

法人の形態は、まず大きく2つに分類することができます。 営利法人と非営利法人です。 営利法人の代表と言えば、株式会社です。 株式会社は、業績がよく、利益が沢山出ると、 役員や従業員の給与や賞与が増えたりすることはもちろんですが、 何よりも出資してくれた株主に対し、配当という形でその利益を分配します。

では、逆に非営利法人の代表とも言えるNPO法人はどうでしょうか。 非営利というと、 ボランティアをイメージされる方がとても多いのですが、 一定の制限はあるものの、 事業を行って利益を上げることも可能なのです。 そして、もちろん役員や従業員に対し報酬や給与を支払うこともできます。

ただ、先に述べた株式会社とは異なり、利益をNPO法人の構成員である会員に配当することができないということです。

つまり、営利とは、「利益を構成員に分配する」ことであり、利益を出すという意味ではないのです!

逆を言うと、非営利とは「利益を分配できない」という意味であり、利益を全く上げないボランティア活動のことではないのです。

このことは、これから起業をされる方にとって、選択肢が大きく広がることを意味するといっても過言ではないと思います。

以下が営利法人と非営利法人の代表的なものです。

営利法人 株式会社 合同会社 ※合資会社・合名会社については、その形態の特殊性から設立することが極めて少ないため、一覧表には記載しておりません。

非営利法人 一般社団法人 一般財団法人 NPO法人 中小企業等協同組合

非営利法人であるNPO法人は、所轄庁の認証を受けてから登記となるので、設立まで時間がかかります。 それ以外の法人は、登記のみで設立できるため、必要な書類がそろっていれば2週間よりも短い期間で設立可能です。

営利法人、非営利法人別一覧表はこちら>>

国に納める登録免許税や定款認証の際に、公証役場に支払う手数料のことです。 手続きをすべてご自身で行う場合には、この費用だけをご負担することになるため、この費用だけで見ると、NPO法人は0円と一番お得です。 ただ、実際には専門家に依頼することも多いでしょうし、準備する書類の数や手間を考えると、実際の費用はかかることになりますので、費用を重視する方には合同会社がお勧めです。

営利法人、非営利法人別一覧表はこちら>>

営利法人、非営利法人別一覧表はこちら>>

法人を設立する際に、必要となる人数です。 一昔前までは、株式会社は必ず取締役会を設置しなくてはならなかったこともあり、必要人数が4人でしたが、現在は1人いれば設立が可能となったことは、とても大きなメリットです。 一般財団法人は、7名以上、NPO法人は、10人以上の人数が必要になりますので、設立当初からそれなりに大きな規模になります。

営利法人、非営利法人別一覧表はこちら>>

役員とは、株式会社では、取締役、(監査がいる場合には監査も含まれる)、合同会社では業務執行社員、NPOなどの非営利法人はいずれも理事と監事のことをいいます。 任期があるということは、その期間が終わるたびに新しい役員を決めることになり、任期が短いと、そのたびに法務局への役員変更登記の手続き、NPO法人に限っては所轄庁への報告も加わり、別途費用や手間がかかるというデメリットがあります。

その点、役員の任期がない合同会社は費用も手間もかからないというメリットがあります。

営利法人、非営利法人別一覧表はこちら>>

NPO法人以外の法人は、いずれも制限がありませんので、法に抵触する事業や反社会的な事業ではなければ、基本的にはどんな事業をしてもかまいません。

営利法人、非営利法人別一覧表はこちら>>

②で述べた、設立費用(法定費用)以外で、法人を設立するための条件として支出する必要があるお金のことです。 一般財団法人は300万円と断トツで高いですが、その他の非営利法人はいずれも0円です。 営利法人でも、1円以上となっています。  ただ、実際には設立してからは設備費用などでお金がかかりますので、資金は多いに越したことはないと思います。

営利法人、非営利法人別一覧表はこちら>>

①で述べましたが、NPO法人は設立する際に所轄庁(都道府県などの行政)の認証が必要です。 その

Source: http://trustill-gr.co.jp/co_difference/



動画を見ます 法人 設立 メリット

法人化(会社設立)するタイミングは??

詳細について 法人 設立 メリット

HOME > 宗教法人設立のメリット

宗教法人設立のメリット

宗教法人法では、宗教法人について「宗教団体が、礼拝の施設その他の財産を所有し、これを維持運用し、その他の目的達成のための業務及び事業を運営することに資するため、宗教団体に法律上の能力を与えること」と規定しています。 ここでは宗教法人のメリットについてまとめました。

社会的なメリット

宗教団体が法人化して宗教法人になった場合、公益法人の扱いとなります。これは社会的な信用度がアップし、活動がしやすくなるというメリットにつながります。

税制上のメリット

宗教法人は法人所得税・法人住民税等について税制上の恩恵が受けられます。また、事業利益の税制的優遇もメリットといえます。

財産所有のメリット

法人化することで所有財産を宗教法人名義にすることができます。これにより相続を経ることなく、財産維持を図ることができるというメリットがあります。

事業面でのメリット

法人化して宗教法人になると公益事業を行うことができます。公益事業には病院や各種学校、墓地・霊園などが挙げられます。

宗教法人設立のデメリットは?

このように宗教法人設立には多くのメリットがある一方、デメリットもあります。 宗教法人の設立は他の法人設立と手続きが異なり、非常に煩雑で時間も要します。また、昨今の宗教団体関連の問題に絡み、所轄庁での審査が大変厳しくなっています。

Source: http://shukyouhoujin-setsuritsu.com/merit.html

Leave a Replay

Submit Message