法人の設立にはどのくらいの費用がかかるのか?羽島市、岐阜市等対応の法人設立相談

法人 設立 費用

法人の設立にはどのくらいの費用がかかるのか?羽島市、岐阜市等対応の法人設立相談

詳細について 法人 設立 費用



社会福祉法人設立代行センターTOP > 社会福祉法人設立のための申請にかかる費用

社会福祉法人設立のための申請にかかる費用

社会福祉法人設立のための申請には、沢山の書類作成や証明書の取得が必要となり、手続きにも時間がかかります。サポート行政書士法人では、スピーディーな対応に自信のある経験豊富な社会福祉法人設立代行専門チームが、お客様の社会福祉法人設立のための申請を強力にサポートいたします。

当会社は、完全成功報酬制としておりますので、万が一認可がおりなかった場合は代金をいただきません。

料金案内

社会福祉法人設立のための申請に必要な費用を下記に示しておきます。管轄の地方自治体によって料金がことなる場合もございますので、まずは当社へご相談ください。

※ 消費税別です。 ※ 案件の難易度等に応じて、事前にお見積もりいたします。

その他の費用について

社会福祉法人設立代行以外にも さまざまな届出に対応いたします。その都度料金は発生致しますが詳しいことは専門チームにご相談ください。ご相談は無料となっておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

Source: http://shakaihukushihoujin-setsuritsu.com/ryoukin.html



投稿 2014/09/22 編集 2015/02/24 会社設立費用の仕訳について教えてください ツイート 会社設立費用には大きく分けて、開業費と創立費という2つの費用項目があります。これらは開業の前後に支出した経費を開業初年度に仕訳する場合に発生します。 会社設立時に発生した費用は、通常の経費とは異なります。 開業費・創立費それぞれの費用項目をおさえたうえで、正確な仕訳を行うようにしましょう。   【詳しく回答をみる】 会社設立費用とは 会社設立費用の仕訳方法 まとめ

会社設立費用とは

会社設立を行うと、多くの費用を支払うこととなります。

会社設立手続きにかかった費用や、実際に営業を行うための準備にかかった費用など、細かな支出を合計したものが会社設立費用となります。

この会社設立費用は、大きく「開業費」と「創立費」の二つに分けることが出来ます。 まずは開業費と創立費の違いをおさえましょう。

開業費とは

会社設立後から営業を開始するまでの、開業準備のために特別に支出した費用をいいます。特別に、というところがポイントで、開業後も経常的に発生する費用については税法上、開業費とはみなされません。

開業費ではなく、支出年度の費用として処理します。

特別支出の具体例経常費用の例

開業準備に要した費用は、一括して開業費勘定(繰延資産)で処理しますが、20万円未満であれば支出した年度の費用として処理できます。その場合、個別の仕訳となります。

償却する場合、その金額は60か月の均等償却、もしくは任意償却の方法をとります。任意償却の場合支出した年に全額償却できますし、いつでも償却費として必要経費に算入することもできます。

支出年度に一括償却すると赤字になってしまうケースもあるので、年度末決算後、利益確定してから開業費の償却額はいくら、といった決め方が良いでしょう。

青色申告を行う個人事業主の場合は、赤字の繰り越し(最大9年)が可能なので、支出年度に全額を経費処理するやり方が推奨されます。

開業日の減価償却について、詳しくは「Q.開業費は減価償却されるとはどういう意味ですか?」にてご確認ください。

Source: https://www.kaike1.com/company/procedure-c/company-formationcost-journal2408

Leave a Replay

Submit Message