会社設立手続料0円サービスの中身⑴定款⑵登記⑶法人設立届⑷税務申請

法人 設立 届

法人設立届出書は静岡市の場合には静岡税務署、静岡県(静岡財務事務所)、静岡市に提出します。個人事業主と比べて届出書の枚数が増えます。

税務署への提出書類県(財務事務所)への提出書類市への届出書類

これらの書類を作成するためには手間や時間がかかります。当社でご契約いただいたお客様にはこれらの書類を無料で作成し届出の提出もします。

また、上記の書類の中でも特に青色申告承認申請書は、提出期限があるため、特に注意が必要です。期限に間に合わなければ、税務上有利な処理方法が選択できなくなります。

ただし、青色申告をするためには満たさなければいけない帳簿要件があります。是非、当社にご相談ください。

弊社からのご連絡方法  電話   メール  

問い合わせ可能な曜日  日   月   火   水   木   金   土  

問い合わせ可能な時間帯  午前中   12~14時   14~16時   16~18時   18~20時   19~21時  

※メールアドレスかお電話番号を記入して下さい。 お客様のご都合の良いご連絡先にご希望のお時間に連絡させていただきます。

Source: http://aiks.jp/seturitu/question/post-4.html



動画を見ます 法人 設立 届

会社設立手続料0円サービスの中身⑴定款⑵登記⑶法人設立届⑷税務申請

詳細について 法人 設立 届

個人の市民税 法人の市民税 固定資産税・都市計画税 その他の市税:軽自動車税/市たばこ税/特別土地保有税/入湯税 事業所税

1.法人市民税とは 2.納税義務者等 3.一般的な申告・納税期限 4.設立、開設、その他の異動届出について 5.均等割について 6.法人税割について 7.法人税割の税率の引下げについて 8.申告先、お問い合わせ先等について 9.ダウンロード

・横浜市内に【事務所】や【事業所】等がある【法人】に対して課される税金です。

・法人の収益に応じて計算される【法人税割】と、法人の規模によって課される【均等割】を合算して算出します。

・税額は、各々の法人が定める事業年度終了後、法人が自ら税額を計算し、申告して、その税額を納めます。

・横浜市では電子申告がご利用いただけますが、その方法についてはeLTAXのホームページをご覧ください。

 法人市民税は、横浜市内に【事務所】、【事業所】、【寮】、【保養所】等がある法人のほか、「法人格のないマンション管理組合」などの【人格のない社団等】が収益事業を行っている場合(携帯電話のアンテナ設置料を得ている場合など)は、納税義務者となります。

 事業の必要から設けられた【人的】及び【物的設備】で、【そこで継続して事業が行われる場所】です(自己の所有かは問いません。)。

 ※ 本来の事業に付随するため、研修所、会社内診療所等も含みます。

◆法人市民税の納税義務者と均等割及び法人税割を負担する関係

 ※ 法人には人格のない社団等(収益事業を行うもの)を含む

 申告・納税期限は、法人税の申告・納税期限と同じです。

◆事業年度、申告(納税)期限、中間(予定)申告の要否等

 ・ 連結法人の予定申告    中間申告を行うことが出来ませんので、予定申告を行ってください。    なお、【前連結事業年度】の【連結法人税個別帰属支払額】に6を乗じて得た金額を当該【前連結事業年度の月数】で除して得た金額が10万円以下である場合等は不要です。

 ・ その他の法人等    法人税に従いますので、税務署等にご確認ください。

4.設立、開設、その他の異動届出について  届出の内容によって、添付する書類が異なりますので、ご注意ください。 ◆法人 設立・開設 届出書(1号様式)で届出していただくもの 届出内容 添付書類 1.市内に法人を設立したとき又は事務所等を設置したとき ・登記簿謄本のコピー ・定款のコピー ◆事業年度 納税地 その他の変更・異動届出書(2号様式)で届出していただくもの 届出内容 添付書類 2.本店住所、資本金又は代表者などの登記事項を変更したとき ・登記簿謄本のコピー ・定款のコピー(市外からの本店移転の場合) 3.事業年度を変更したとき ・総会議事録(又は、新たな定款)のコピー 4.分割したとき ・分割契約書(計画書)のコピー ・承継法人の登記簿謄本のコピー ・定款のコピー 5.合併したとき ・合併契約書のコピー ・存続法人の登記簿謄本のコピー ・定款のコピー ・被合併法人の登記簿謄本のコピー 6.連結納税の承認を受けたとき ・法人税の承認通知書(又は、承認申請書)のコピー ・グループ一覧等の関係書類のコピー 7.連結納税の取消の処分があったとき ・法人税の取消通知書等のコピー 8.法人税の申告期限の延長申請をしたとき ・法人税の延長申請書(受付済)等のコピー 5.均等割について  横浜市では【区ごと】に、申告の対象となる【事業年度】、【法人税割の有無】、【資本金等の額】、【従業者数】から税率がきまり、【事務所を有していた月数】から均等割額を計算し、合算したものが均等割額となります。 ※資本金等の額は、原則、法人税法第2条第16号に規定する資本金等の額又は同条第17号の2に規定する連結個別資本金等の額をいいますが、平成27年4月1日以後に開始する事業年度分より基準が変わります。詳しくは「法人市民税均等割の算定基準の見直しについて(平成27年4月1日以後に開始する事業年度から適用)」をご覧ください。 ◆均等割額の計算   【1区あたりの均等割額(100円未満切り捨て)】 = (【税率(年額)】 × 【事務所等を有していた月数】)  ÷ 12  ※1 実際に計算した場合の1区あたりの均等割額はこちらから。  ※2 市内の複数の区に事務所等がある場合 …(各区内の)従業者数に応じ区ごとに判定した均等割額を合算します。  ※3 同一区内に複数の事務所等がある場合 …従業者数を合算して均等割額を判定します。 ◆基準日 区分 均等割 法人税割 資本金等の額 従業者数 [資本金の額]又は[出資金の額] 予定申告 前事業年度末日現在 6ヶ月を経過した日の前日 × 中間申告 仮決算算定期間末日現在

 届出の内容によって、添付する書類が異なりますので、ご注意ください。

◆法人 設立・開設 届出書(1号様式)で届出していただくもの◆事業年度 納税地 その他の変更・異動届出書(2号様式)で届出していただくもの

 横浜市では【区ごと】に、申告の対象となる【事業年度】、【法人税割の有無】、【資本金等の額】、【従業者数】から税率がきまり、【事務所を有していた月数】から均等割額を計算し、合算したものが均等割額となります。

  【1区あたりの均等割額(100円未満切り捨て)】 = (【税率(年額)】 × 【事務所等を有していた月数】)  ÷ 12

 ※1 実際に計算した場合の1区あたりの均等割額はこちらから。

 ※2 市内の複数の区に事務所等がある場合 …(各区内の)従業者数に応じ区ごとに判定した均等割額を合算します。

 ※3 同一区内に複数の事務所等がある場合 …従業者数を合算して均等割額を判定します。

Source: http://www.city.yokohama.lg.jp/zaisei/citytax/shizei/houjin.html

Leave a Replay

Submit Message